B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

250万でキッチンカー
オーナーの夢を実現!

 

250万円で自分の店が持てる

 
glay-s1top.jpg
濱中 御社にはクレープ以外にも、生豆腐や揚げ出し豆腐、豆乳プリンなどを売るキッチンカーがあるそうですね。
 
宝川 はい。ただ、自分ではキッチンカーに乗らず、私は出店場所の新規開拓など主に営業を担当しています。
 
濱中 営業活動で養ったマーケティング力があるからこそ、セミナーの内容にも説得力がありそうです。
 
宝川 そう言っていただけて嬉しいです。セミナーでは自分の経験をもとに、キッチンカーの車種やそれぞれの特徴、保健所への届け出といった基礎知識から、車両の選び方や出店場所の探し方までくまなくお教えしております。セミナーではキッチンカーの見学が可能で、写真も自由に撮っていただけますよ。講義終了後は個別に質問にも対応しており、万が一時間内に質問をお受けしきれなかった場合は、その後開業コンサルティングを無料でご提供しております。
 
濱中 至れり尽くせりの親切なサービスに感動しました。キッチンカー開業を目指す方は、まず御社に相談に行けば間違いなさそうですね。車両のレンタルやリース、販売についても詳しく教えてください。
 
glay-s1top.jpg
宝川 お客様から予算額や出したいメニューなどを詳しくヒアリングし、ニーズに見合った車両のレンタルやリース、販売を行っています。例えば焼きたてのピザを提供したいなら、2tトラックなど大きい車両を選んでいただければ改造してピザ窯を設置できるなど、そういったアドバイスもしておりますよ。場合によっては、車両を受注製造することもあります。
 
濱中 調理設備や器具を装備することができて、好きな場所に移動しながら販売できるキッチンカーには、メリットがたくさんありますね!
 
宝川 おっしゃる通り、キッチンカーには利点がいっぱいあります。個人的には固定店舗より開業費を抑えやすいという点もメリットだと思っていまして。車両は中古で軽トラック規模のものなら、塗装費を含んでも250万円前後で購入できるんですよ。1台あればタペストリーを付け替えるなどの対応でいろんな商品を売れますし、車両を買い替えたくなったときは、今持っている車両を売却できますからね。低コストで「自分の店を持ちたい!」という夢が叶えられると思います。
 
濱中 固定店舗だと仮に退去するときに、設備を撤去するなどで大がかりな作業が発生し、工事費がかさむ場合もあると思います。車両なら、中古車として売りに出す感覚でOKなんですね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事