B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

新進気鋭の画家が描く 抽象画が誘う心の世界
Scent 代表 川口慧也

 
プロフィール (かわぐち けいや)大阪府出身。小学生の頃に絵を描く楽しさに目覚める。その後、工業の道を目指し理系の学校に進んだものの、絵への情熱がよみがえり、高校3年生の夏に急遽、美大受験を決意。努力と持ち前のセンスで大阪芸術大学に合格した。抽象表現を専門に学び、その後個人事務所Scentを開業。「Galva」名義で幅広いオーダーに対応している。【ホームページ
 
 
 
画家兼イラストレーターとして活躍している、Scent(セント)の川口慧也代表。ペンネーム「Galva(ガルバ)」として表現する世界は幅広く、独創的な抽象画から繊細なタッチの肖像画まで、センス溢れる作品を制作している。専門は抽象画という川口代表のコンセプトは、「抽象表現をもっと身近に」。創作活動を続けながら、日本の美術界の発展にも尽力し、これまでにない抽象画デザインのグッズも多数手がけている。
 
 
 

才能を生かしプロの道へ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 絵画やイラストの販売、オリジナルグッズの制作を手がけるScentさん。事務所には素敵なイラストが並んでいますね。私も絵が好きなので、今日は楽しみにしていました。川口代表は、もともと絵がお得意だったんですか?
 
川口 ええ。小学校2年生のときに描いた絵が賞をとったんです。認められたことが嬉しくて、もっと絵が好きになり、たくさん描くようになりました。
 
八木 実は、私も小学生時代に絵で入賞した経験があるんですよ。それが嬉しくて調子に乗りまして(笑)。いつも筆と絵の具と画用紙を持ち歩き、いろんな風景を写生して過ごしていましたよ。
 
川口 本当ですか! 意外な共通点ですね。
 
八木 もし野球と出合わなかったら、絵画の道に進んでいたかもしれないなんて思うこともあるくらいですよ。川口代表は、ずっと絵のプロを目指して歩まれてきたんですか?
 
川口 それが工業にも興味があって、高校は理系に進んだんです。ところが、理系の勉強が一向に身につきませんでした(笑)。「このままだと就職も進学も危ういぞ」と悩んでいたとき、ふと絵のことを思い出しまして。高校3年生の夏に慌てて美大受験の予備校に飛び込み、必死に勉強して、何とか大阪芸術大学に合格することができました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事