B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

信頼と実績の土木工事
災害復旧への熱い思い

 

土木・外構・解体工事の3本柱で運営

 
glay-s1top.jpg
畑山 今年2021年で創業3年目となる松山建設さん。コロナ禍によるさまざまな影響が出ているかと思います。
 
松山 実は、それほど影響はなく、前回インタビュー時から変わらずの人手不足でして。恐縮ですが仕事が受けきれない状況です。
 
畑山 活況なのは何よりです! しかし、人手不足は悩ましいですね。現在は何人体制なのでしょう?
 
松山 スタッフ3名で、足りないところは協力会社様にお願いしています。
 
畑山 建設業界は同業者の横のつながりも大切そうですよね。松山建設さんの事業内容も教えてください。
 
松山 土木工事、外構工事、解体工事が3本柱です。民間・公共を問わず施工からアフターフォローまでワンストップで対応していますよ。土木は、主に道路の中身を工事しているんです。地盤・岩盤の掘削工事から始め、道路や建物の頑丈さを左右する重要な工程になるので、精度の高い仕上がりが求められます。
 
glay-s1top.jpg
畑山 たまにニュースで取り上げられるように、地盤が柔らかいと建築物が傾いてしまい、ドアが閉まらなくなったり、水道管が外れたりと、敷地全体に不具合が出てくるので大がかりな修復が必要になってきて怖いですよね。マンションのような高層建築物の基礎工事も対応しているのですか?
 
松山 もちろんです。そのような高層建築物の基礎工事は、ハイレベルな技術がともなう深い掘削が必要です。ご依頼があればどのような施工においても安心・安全を提供できる工事を実施いたします。
 
畑山 大規模施工まで手がけているのは安心感が違いますね。外構工事、解体工事はどのようなものなのでしょう。
 
松山 外構工事は家の外側の工事のことです。塀やフェンス、門扉・門柱、アプローチ、駐車場など、建物本体以外の工事で、プロフェッショナルがお客様のご要望に沿った最適なプランをご提示いたします。解体工事は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造などの解体で、建物の特徴に応じた適切な解体を、近隣住民の皆様にご迷惑をおかけしないよう細心の注意を払いながら取り組んでおります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事