B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

複数業界での人材活用で
はたらく喜びを想造する

 

縦横でつながる事業とメンバー間との信頼

 
glay-s1top.jpg
水野 経営面で渡辺社長が大事にしていることは何でしょう。
 
渡辺 事業を縦軸と横軸の両方に伸ばすことです。現在、弊社では物流や介護、コールセンターなどさまざまな事業に関わっており、縦軸としてそれぞれに専門特化すると同時に、横軸として社内横断的に結びつきも強めています。この強みは今回のコロナ禍でも発揮されました。ステイホームで飲食業界が冷え込んだものの、そのぶん深刻な人手不足に陥った物流業界にリソースを注入することができたんです。
 
水野 なるほど。各事業を横軸でつないでいたから、大きな波を分散することができたんですね。
 
渡辺 その通りです。また、縦にも深く掘り下げていたので、その業界の状況や現場で働いている人たちが何に困っているのかといった情報も入手できました。そこから、「一緒にどうやって乗り越えていきましょうか」とお客様にご提案することができたのもよかったですね。このように、複数の事業を縦横に深掘りし、リスクも含めてバランスが取れる経営ができているところが弊社の強みだと考えています。
 
水野 今のお話をうかがって、渡辺社長は企業全体の大きな歯車を動かすタイプの経営者だと感じました。そのような俯瞰の目はどうやって養ったのでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
渡辺社長が絶大な信頼を寄せる会社のメンバーたち
渡辺 そこはもうメンバーのおかげですね。どの事業の担当者も、私よりプロフェッショナルですし、プレゼンも私よりみんなのほうが何倍も精密で優秀ですよ(笑)。優秀なメンバーがより良い仕事をするにはどうしたらいいか、そこを考えるのが私の主な仕事だと思っています。250名のメンバーが1日8時間働くわけですから、私は1日2000時間を預かっているようなものです。その貴重な時間を最大限に活用できるようマネジメントすることは、私にとっても楽しい仕事の一つですね。
 
水野 社長と従業員とで理想的な関係が構築できているんですね。そこもプラスアルファさんの大きな強みだと思います!