B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

飲みやすい漢方を提供 元気な毎日を届ける
岸和田薬局 代表 炭谷英司

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪府岸和田市で、漢方薬をはじめ生薬や調剤を取り扱う岸和田薬局さんにお邪魔しています。棚にさまざまな薬が並んでいますね。まずは、炭谷代表がこの道に入ったきっかけをお聞かせください。
 
炭谷 もともと私自身、アトピー性皮膚炎を患っており、症状を改善したい思いで薬に関心を持ちましたので、大学は薬学部を志し薬剤師になりました。薬について学習を重ねる中、漢方薬を試してみたんです。すると、悩み続けていたアトピーの症状が落ち着いたんですよ。自分の経験を活かしたいと思った私は、漢方薬を取り扱う当薬局に就職しました。2012年に前任者から引き継ぎ、現在代表としてこちらを運営しています。
 
濱中 なるほど。炭谷代表ご自身が漢方薬に救われたんですね。
 
炭谷 そうなんです。なのでお客様の気持ちもわかりますし、自分の経験を踏まえたご相談に対応できるのが私の強みだと自負しています。
 
濱中 炭谷代表の体験談はお客さんにとって心強いものでしょう。ところで漢方薬というと、体に良いのはわかるものの、「まずい」「苦い」という印象も少なからずあります。
 
炭谷 そうですよね。ただ漢方薬は、植物や鉱物といった自然界にある生薬を配合してつくるため、組み合わせ次第で苦味だけでなく甘味や酸味などさまざまな味に変化するんですよ。逆にいえばうまく調合することで、飲みやすい味にしてご提供することが可能なんです。
 
glay-s1top.jpg
濱中 いろいろ混ぜ合わせることで味が変わるとはおもしろいなあ。そういえば、こちらでは「漢方カフェ」というサービスを行っているそうですね。どんなものなのでしょう?
 
炭谷 お客様に最適な生薬でブレンドしたお茶を1杯216円でご提供しています。濱中さんのおっしゃる通り漢方薬には飲みにくいといった印象がどうしても先行するので、自分好みの味を見つけて、安心して生活に取り入れていただくためのサービスなんです。
 
濱中 自分のためにブレンドしてくれるうえに味見ができるとは、特に漢方薬を飲んでみ
ようか迷っている方にはうってつけですね! ところで、実際に漢方薬はどんな症状に
効果が見込めるのですか?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事