B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

備えあれば憂いなし!
顧客に寄り添う保険会社

 

保険選びを徹底サポート

 
glay-s1top.jpg
カラフルで親しみやすいロゴ
鎮西 お客さんに保険を勧める際、井田社長ご自身の経験に基づいて、アドバイスされることもありますか?
 
井田 はい。保険に入っていない方は、「自分は病気にならないから必要ない」とおっしゃることが多いんですよ。そこで、私を例にして「いつどうなるかわからないよ」というお話をすると、当事者意識を持ってもらえますね。
 
鎮西 経験者の言葉だからこその説得力があります。
 
井田 だからと言って、過度に不安を煽ったり、不必要に高額な保険を勧めたりすることは絶対にしません。残念なことに、営業成績のために高額な保険を勧める業者がいるのも事実です。弊社では、お客様が損をしないよう、ライフプランを一緒に考え、その人に合う最適な保険をお勧めすることをモットーとしています。
 
鎮西 保険って大事なことなのに、誰からも教わらないし、自分で調べようとしても情報が溢れかえっていて、結局よくわからないという人がほとんどだと思います。そこにつけ込む強引な業者もいる中で、ライフネクトさんのように親身に寄り添ってくれるのは心強いですし、信頼できます。現在は、主にどういった保険を取り扱っているのでしょうか?
 
田口 生命保険、医療保険、あとは年金保険をメインに扱っています。
 
鎮西 年金保険と言うと、将来に向けての積み立てのようなものですか?
 
glay-s1top.jpg
部長を務める田口弘恭氏
田口 おっしゃる通りです。老後、国からの年金だけで暮らしていくのは厳しい時代ですので、足りない分を今のうちに保険で積み立てておくことをお勧めしています。月1万円からでも積み立て可能なんですよ。
 
鎮西 漠然と「将来、年金はもらえないんだろうな」とは思いつつも、ちょっとした希望と、あとは面倒くさいという思いもあって、先送りにしてしまいがちですよね。少額からでもできるのであれば、始めやすいかも。保険営業全般に言えることとして、病気や事故、老後の不安など、人があまり向き合いたくない現実を突きつけなくてはなりませんよね? お客さんに対して厳しいお話をするにあたって、気を付けていることはありますか?
 
井田 心がけているのは、お客様にご自身の人生をもっと「心配してもらう」ことですかね。鎮西さんがおっしゃったように、人は嫌なことは考えたくないもの。でも、そこにあえてアプローチして、より現実的な思考に導くお手伝いが私たちの仕事だと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事