B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

鎌倉で空手道と共に歩む
法務許認可流の行政書士

 

空手道を歩む行政書士として鎌倉に貢献

 
glay-s1top.jpg
内山 現在はどういう依頼が多いのですか?
 
 補助金関係が増えていますね。補助金申請の際は、なぜ補助金が必要なのかという事業計画を行政に提出する必要があります。その事業計画について、頭の中にはあるけれど言葉にするのが難しいと悩む経営者の方は少なくありません。そのような悩みを解消するため、事業計画書の作成からサポートしています。
 
内山 それは心強い! 補助金でいえば、手続きの複雑さも悩みの種ですよね。私も昨年、経営するジムで補助金を申請した際、何度も書類を書き直して大変でしたよ。
 
 もっとも、時間をかければ行政書士でなくても申請できるということなんですけどね(笑)。ただし、内山さんがおっしゃったように、申請に多大な時間を費やすのであれば、その時間をもっと生産的なことに回したほうが良いのではないかと思います。専門家に任せれば、「この申請書の内容で大丈夫だろうか」という不安もありませんしね。
 
内山 確かに時間だけでなく、精神的な負担も軽くなりますね。やっぱり重要な書類の作成や申請は、専門家の方に相談するのが一番だと思いました。行政書士と空手道文化の啓蒙の活動、どちらもさらなるご活躍が楽しみです。
 
glay-s1top.jpg
 ありがとうございます。実は、大正時代に船越義珍氏により沖縄の「唐手」が本土に紹介され、名称が現在の「空手道」と改められた背景には、鎌倉の円覚寺で当時の管長を務めていた古川堯道老師が深く関わっているんです。つまり、ここ鎌倉は「日本空手道発祥の地」。しかし、このことは世間でもあまり知られていません。せっかくの文化資源を埋もれたままにしておくのはもったいないと考えたことが、私が鎌倉と空手道の縁への啓蒙活動を始めたきっかけなんです。
 
内山 空手への愛情だけでなく、鎌倉という地域への思いが伝わってきますね。
 
 自分自身を見つめる武道である空手を通じて、私は自分の得手不得手を知ることができました。それは行政書士の仕事にも活かされていると感じます。今後も自分の得意分野である法務支援や行政手続支援、事業計画書作成支援に、アプリなどデジタルサービスも絡めながら、鎌倉ひいては神奈川県の企業の事業成長をサポートしていきたいですね。
 
内山 空手道を歩みながら、行政書士として多くの人の役に立つ。そんな菅代表を私も応援しています。ぜひこれからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
ご依頼主様と目標や理念に対して同じ方向を向いて一緒に歩み、共感することが、この仕事のやりがいや喜び、楽しみにつながっています。
(菅倫明)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 行政書士菅事務所
■ 所在地 〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船3-2-15 プロシードEastⅡ3F
■ 事業内容 法務支援・行政手続支援・事業計画書作成支援サービス
■ 設立 令和元年11月
■ 従業員数 1名
■ 主な取引先 市内建設業/市内製造業
■ ホームページ https://kanoffice.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事