B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客目線でベストな提案
地域密着の水道設備会社

 

顧客第一主義で信頼を獲得

 
glay-s1top.jpg
タージン 水回りをメインに住まいのあらゆるニーズに対応されて、約30年。長年にわたり、お客様に支持されてきた秘訣は何でしょうか?
 
高田 できる限りお客様の目線に立って、最善のご提案するように心がけていることでしょうか。例えば、給湯器を新規で取り付けて、お湯の配管を洗面所とお風呂に引っ張る工事で、あと少し費用を追加すれば、キッチンにもお湯が引けることがわかったとします。ついでにやってしまえば、あと1万円程度の追加料金でできることなので、私はそこであらためてお客様にご提案をしているんです。
 
タージン 大手などで組織が大きいと、そういった柔軟な対応は難しいところも多いでしょうから、そうやって臨機応変な対応してくれるのは魅力的です! それに、30歳で独立されて、約30年間お一人でやってこられた高田代表の提案であれば、知識も経験も豊富な分、やはり説得力を感じますよ。
 
glay-s1top.jpg
高田 ありがとうございます。私はお客様がより快適に生活できることが一番だと考えています。今後は、エンドユーザーさんとの直接のやり取りをさらに増やし、お客様に納得して満足してもらえるサービスを提供していくべく、ホームページも活用しながら、集客に努めていきたいですね。
 
タージン お客さんにとっても、ここまで顧客目線に立ってくれて、頼れる存在が地域にいるというのは心強いですよ。東大阪市では、水道工事指定業者としてもご活躍されているのだとか。
 
高田 はい、独立してすぐに資格を取得しました。というのも、公共の道路から水道管を引く工事は、指定業者ではないとできません。でも、この資格を持っていれば役所への工事申請も直接行うことが可能です。
 
タージン 貴重な資格なんですね。こういった認定があるのとないのでは、印象も大きく変わってくるでしょうし、業者を選ぶ際の一つの信頼材料になりますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事