B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客目線でベストな提案 地域密着の水道設備会社
高田設備 代表 高田宣孝

 
プロフィール 大阪府出身。住宅設備業を営む父の背中を見て育つ。高校卒業後は、アルバイト先だった大阪市·東大阪市公認業者 第一工業(株)に入社。経験豊富な先輩から多くの技術を習い、修業を積む。1992年、30歳の時に独立を決め、東大阪市に高田設備を立ち上げた。水道トラブルにはフットワークの軽さで、地域の人々に親しまれている。【ホームページ
 
 
 
高田設備は、代表の高田宣孝氏が豊富な経験と技術をもとに立ち上げた地域密着型の会社だ。水道トラブルや水回りのリフォームを柱に、内装や外構といった住宅設備全般のリフォームにも対応。リピーターの多さからも、その技術力と真摯な仕事ぶりがうかがえる。顧客の納得と満足度を第一に、どんな些細なことも相談できる間口の広さも魅力の一つだ。「東大阪・八尾と言えば高田設備」と言われる会社を目指すという高田代表に話を聞いた。
 
 
 

身近だった水道工事の道へ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府東大阪市で水道工事と水回りのリフォームなどを手がける高田設備さんにお邪魔しています。さっそく、高田代表が今のお仕事に就かれた経緯をお聞かせください。
 
高田 もともと父が住宅設備業を営んでおり、簡単な水道工事も行っていたため、幼い頃からなじみのある仕事でした。母と一緒に父の仕事場について行き、配水管を入れるための穴をスコップで掘る作業の手伝いもしましたよ。高校時代は、父の会社の取り引き先だった大阪市·東大阪市公認業者 第一工業(株)でアルバイトに励み、卒業後はその会社に就職しました。そして12年間修業を積んだ後、1992年に独立したんです。今年2021年現在、もうすぐ30年周年を迎えるところですね。
 
タージン 幼い頃から慣れ親しんだお仕事だったわけですね。見習い時代を含め、キャリアが長いので、技術面でも信頼できます。対応エリアはここ東大阪市がメインでしょうか?
 
高田 お困りのお客様のところに迅速に駆けつけられるようにしたいという思いがあるので、現在の対応エリアのメインは東大阪市全域、お隣の八尾市全域、大阪市の東部あたりまでをカバーしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事