B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

住まいのなんでも屋!
期待以上の施工を提供

 

みんなが遊んでいるとき仕事に熱中してきた

 
内山 山本社長は、18歳で建築業界に入り27歳で独立するまで、ずっと同じ会社で働いていたのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
山本 いいえ。最初の会社ではおよそ5年間お世話になり、その後は短いスパンでさまざまな会社と現場を経験しました。同じ建築業でも水道や電気などそれぞれの分野に枝分かれしていますので、どの分野がより自分の力を試せるかを研究しながら技術と知識の習得に努めたんです。
 
内山 勉強熱心であり仕事熱心ですね! 結果的に何でも取り扱える建築業者として独立されているので、すべて山本社長の計画通りに進んでいるのではないですか?
 
山本 今でこそ軌道に乗ってきたから良いものの、独立当初は関係会社から未払いがあるなど、大変だったんですよ(笑)。ただ、周囲のみんなが遊んでいるとき、私は仕事に生きようと決めてここまでやってきました。その努力が報われた感触はあるので、正直嬉しい気分ではあります。
 
内山 私もボクシングの世界チャンピオンになるために、周りが遊んでいるときに必死になって練習をしてきたのでよくわかりますよ! 学生時代は、夏休みも冬休みもすべて返上して合宿生活でしたからねぇ(笑)。山本社長のこれまでのご経歴から、事業内容の幅は広そうな印象です。いかがですか?
 
山本 はい、住宅関連なら何でも担える、なんでも屋みたいなものです(笑)! ご依頼が多いのは、外構・エクステリア工事、ハウスクリーニング、店舗やマンションのリノベーション、新築などになります。
 
glay-s1top.jpg
内山 住まいのトラブルなら何でも対応してくれる、くすの木住まいるさんのような会社が近所にあると心強いでしょうね。
 
山本 ありがとうございます。弊社のこだわりは、お客様が何を求めているのかを読み取れるよう細心の注意を払うこと。例えば、「トイレが詰まった」と電話をされてきても、ほかにも悩みがあるお客様は、含みを持たせた言い方をする場合が多いんです。そういう気になっている根源を探し当てて解決することで、リピーターになっていただいたり、ほかのお客様を紹介していただいたりと、仕事のつながりが広がります。
 
内山 お客さんが求めている以上の施工サービスで、新たな顧客を獲得していけるわけだ。お見事ですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事