B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

愛のあるマナーを伝える
ビジネスマナー研修講師

 

相手に気持ちを伝えるためのマナー

 
八木 岸本代表は書籍も著しておられるそうですね。
 
glay-s1top.jpg
岸本 そうなんです。新入社員や若い人向けに仕事の原則、マナーの重要性から適切行動がわかるというコンセプトのビジネス書『好感マナー』や、心理学を活用して子育て上のストレスを少しでも軽減する方法を著した『ゆったり子育てのすすめ』という本などがあります。
 
八木 子育てのご経験も活かした執筆もされておられるとは非常にマルチなご活動ですね。お聞きしたところでは、オペラの歌唱もなさっているとか!
 
岸本 ええ、そちらは趣味として楽しんでいます(笑)。子供の時から歌うことが大好きでずっとコーラスを続けています。それが、仕事の上でもよりよくつながっています。発声の練習にもなると考えボイストレーニングに通いを始めたところ、先生の勧めもあり、イタリア語で歌唱するようになりました。また、代表的なオペラの演目の一つである「蝶々夫人」でコーラスをやらないかとお誘いを受け、シンフォニーホールでも歌いました。
 
八木 それはすごい! 声もおきれいですし、そういった活動をなさっているのも納得です。現在のお仕事の活動内容についてもお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
岸本 主にビジネス系の検定対策講座やビジネスマナー研修、キャリア相談などを行っています。特にビジネスマナーでは、若い人には相手の方に良い印象を抱いてもらうテクニックよりも、マナーの本質的な部分や心構えを重視して指導しているんです。秘書検定1級に合格するくらいの立ち居振る舞いができれば問題ありませんが、多少所作がきれいでも、そこに気持ちがこもっていなければ相手に伝わりません。相手に感じよく思ってもらえるように心がけて行動することが大切です。その結果、相手から好かれることで、信頼につながり、満足してもらうことができます。自分も仕事がやりやすくなりますし、営業職であればお客様との契約につながり、自分自身に利益として返ってきます。ですから、私はこれを「情けは人のためならず」ならぬ「マナーは人のためならず」として、新入社員研修などで伝えています。
 
八木 相手に対する気持ちをマナーに込めることで、結果的に仕事も人間関係も円滑になると。聞けば聞くほど素晴らしいお考えです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事