B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

想定外の事態を想定し 保険で安心を提供する
Kansako Agency株式会社 代表取締役 間佐古泰寛

 
プロフィール 和歌山県出身。JAにて貯金や共済のセールスを手がける中で保険や金融の知識、営業のスキルを獲得し、和歌山県下の全JAにおいてトップクラスの営業成績を獲得するまでに成長。2004年に独立して保険代理店Kansako Agencyを設立、2017年に法人化を果たす。訪問型営業で地元和歌山と大阪を中心に顧客を開拓していった。高校時代は野球部で県大会ベスト8まで進出。大の阪神ファンでもある。【ホームページ
 
 
 
訪問型保険代理店を運営し、地元和歌山だけでなく大阪の都市圏にも多くの顧客を持つKansako Agency(カンサコエージェンシー)株式会社の間佐古泰寛代表取締役。コロナ禍で営業機会は減少したものの、より精度の高い説明を心がけたことで契約数はむしろ増加したという。さらに、空いた時間を活用してMBA取得の挑戦もスタート。常に前向きに挑戦を続ける間佐古社長に、元阪神タイガース選手の狩野恵輔氏が話を聞いた。
 
 
 

顧客のもとを訪ねる訪問型保険代理店

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 訪問型保険代理店の、Kansako Agency株式会社さん。今回も、間佐古社長が長年通っているバーにお邪魔していますので、リラックスムードで人物像や人生観、それに今後の目標などもうかがえればと思います。
 
間佐古 私は仕事と同じくらい野球が好きなので、今年も狩野さんに再会できて嬉しいですよ。
 
狩野 こちらこそ、間佐古社長との対談が毎年の恒例行事のように感じています(笑)。間佐古社長はJA時代に和歌山県御坊・日高エリアを担当し、貯金や共済のセールスで県内トップクラスの営業成績をあげていたというすごいご経歴をお持ちでしたよね。
 
間佐古 JAで勤務した6年半の間に、保険と金融に関するイロハや営業のノウハウを身につけました。その後2004年に独立し、個人事業で実績を積み、2017年に法人化し、現在に至ります。
 
狩野 そして、特筆すべきが「保険代理店が、店ごとうかがいますよ」という営業スタイルです。
 
間佐古 おかげさまで、毎年お客様は増えているんですよ。代理店として取り扱う生命保険会社6社、損害保険会社1社、計7社の保険商品を活用し、今年もより多くの方のお役に立ちたいと思っています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事