B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

荷受け側にも配慮する
丁寧で安全な梱包を徹底

 

コインランドリーやマットレスのレンタルも

 
作業の様子
作業の様子
善波 弊社が心がけているのは、直接、顔を見ることができない荷受け側のお客様にも喜んでいただけるよう工夫することです。ですから私たちは荷物が届く様子を確認するため繰り返し海外へ視察に行き、次の仕事へのヒントを探しているんですよ。
 
小林 まさに、いろいろな人や状況に気を配るキャッチャーならではの視点ですよね。
 
善波 野球やキャッチャーに限らず、周囲への気配りを養えるのがスポーツだと思っています。これはビジネスでも大切なことです。おかげさまで、弊社の仕事を通じて「日本の梱包は丁寧で安心だ」と多くの方から喜びの声をいただいています。
 
小林 確かに、私がクリーブランド・インディアンスに移籍したときも、中身が傷んでいたり開けるのが大変だったりと海外の梱包には苦労させられましたからね(笑)。そういえば、株式会社向隆さんは新たなビジネスもスタートさせたばかりだとか。
 
善波 ええ、2020年11月、横浜市のあざみ野駅近くにコインランドリーをオープンしました。このコインランドリーでは、洗濯物をスタッフがお預かりして仕上げるサービスも展開しています。カフェスペースをご用意するなど、洗濯の待ち時間を楽しく過ごせるようさまざまなアイデアを盛り込みました。
 
小林 それは喜ぶ人が多そうだ! 人の心をつかむアイデアですね。
 
善波 それだけではありません。西川株式会社さんをはじめ、寝具メーカーとのコラボレーションで、コンディショニングマットレスのレンタルも始めたんですよ。
 
glay-s1top.jpg
小林 それはすごい! 善波社長は、なぜ、マットレスのレンタルに興味を抱いたのでしょうか。
 
善波 学生の寮生活を見ていて、シーツ類の衛生面が良くなく、また睡眠によって疲れを取り、体を整えることへの意識が高くないと感じていたんです。選手たちの良い成長に関わっていきたいという思いで大学、高校の合宿所などに低料金でレンタルを始めました。
 
小林 なるほど。私も、学生時代の合宿では布団の下に雑誌を敷き詰めて硬さを調整していました。高性能なマットレスを安価に導入できると学生たちも喜ぶでしょうね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事