B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人事労務を一貫サポート 経営者と労働者を守る
三橋社会保険労務士東京板橋事務所 代表 三橋伸一

 
プロフィール 神奈川県出身。大手化粧品会社で営業、営業企画、人事・労務・管理関連の幅広い業務に携わり、労働組合幹部も経験。社会保険労務士・キャリアコンサルタントの資格を取得する。従業員が活き活きと働ける会社づくりの支援を目指し、三橋社会保険労務士東京板橋事務所を開業した。経営者側と労働者側、双方の立場を理解できるというキャリアを武器に、気軽に頼れる身近な専門家として、的確な提案で企業に寄り添っている。【ホームページ
 
 
 
「先生」と呼ばれることの多い社会保険労務士。三橋社会保険労務士東京板橋事務所の三橋伸一代表は、自身の役割をより良い会社をつくるための企業のパートナーと捉え、「“身近な専門家”であり続けたい」と語る。大手化粧品会社で培った豊富な経験を生かし、経営者と労働者がwin-winになれる関係の構築を支える三橋代表。働きやすい会社づくりへの使命感から社会保険労務士の資格を取得しただけあり、その思いは誰よりも強い。
 
 
 
従業員が働きやすい会社づくりをお手伝い
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 三橋社会保険労務士東京板橋事務所の三橋代表は、もともと大手化粧品会社にお勤めだったそうですね。
 
三橋 はい、営業、営業企画、人事・労務・管理等の業務で北海道から兵庫まで多くの事業所を経験しました。営業職・美容職・事務職等のさまざまな職種、正社員・パート社員の雇用形態があり、また9割近くは女性という職場環境でいろいろなことを学べた貴重な機会だったと思います。営業・営業企画のほか、人事や労務、管理業務や労働組合の業務など多様な仕事をこなすうち、現場スタッフの働き方改革や楽しく長く働ける環境をサポートしたいと考えるようになりましてね。独学で労務や法律なども学びました。そして、管理職と従業員双方の立場がわかる自分なら、誰もが活き活きと働ける会社づくりのお手伝いができると思い、社労士事務所を開業したんです。
 
石黒 つまり、起業という目標のためではなく、人の役に立つために開業されたのですね。
 
三橋 そうなんです。社労士の資格も、もともと部下やスタッフのスキルアップや職場環境の改善をより的確にサポートするために専門的な知識が必要だったので取得しました。
 
石黒 素敵です。現場を知り尽くしてきた経験値と、労務・法律の専門知識、そして人助けへの熱い思いが、社労士という肩書に秘められているのですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事