B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

神戸の不動産売買に強み
ラインでつなぐ土地建物

 

LINEだから可能な、リノベーション事業

 
glay-s1top.jpg
狩野 住宅の売買をメインとする不動産会社というのも珍しいのではないですか?
 
鎌田 そうですね。兵庫駅前でも、ご紹介いただいお客様以外で賃貸事業を手がけていない会社は他にないと思います。そもそもこのエリアには歴史のある不動産会社が多く、ここ10年、売買専門で新規開業した会社はないんですよ。それでも不動産売買に関しては、三宮など隣接エリアの不動産会社による参入もあるのに、弊社を指名してくださるお客様も多く、ありがたいですね。
 
狩野 町の不動産店としても親しまれているんですね。ただ、ホームページを拝見すると、町の不動産店でありながら、新しいことにチャレンジされているじゃないですか。例えばリノベーション物件の販売も手がけていますよね。
 
鎌田 そうなんです。実は、私は前職時代から業界内の横のつながりも意識していたので、直属の後輩だけでなく、時には他社の後輩の面倒を見ることもあったんです。その子たちの中には、昇進した子もいましてね。私におすすめの物件を紹介してくれるんです。その物件を買い取り、リノベーションを行って販売しているんですよ。
 
狩野 すごいなぁ。買い取り、改装、販売まで行うとは、町の不動産店の事業規模ではない気がします(笑)。
 
glay-s1top.jpg
鎌田 リノベーションやリフォームも、連携する工務店さんがいるから行えますしね。あらゆる意味で、私たちだけではできない事業だと思いますよ(笑)。
 
狩野 鎌田社長のお話をうかがうと、結局仕事って人とのつながりなんだなと強く実感できますよね。
 
鎌田 加えて、事業間の相乗効果もあるんです。不動産の売買をしていると、「こういう間取りがいい」や「あんな住宅設備が欲しい」など、お客様から直接意見をいただけます。そのような生の声を、リノベーションにも活かせるんですよ。
 
狩野 なるほど! そうやって事業ごとのラインもしっかりとつながっているんですね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事