B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

神戸の不動産売買に強み
ラインでつなぐ土地建物

 

住宅に関するあらゆる問題を解決につなげる

 
glay-s1top.jpg
狩野 不動産の中でもどのような事業に強みを持っているのですか?
 
鎌田 売買事業です。特に住宅の売買をメインにしています。お客様もマンションから戸建てへの住み替えを考えている方が多いですね。また、不動産投資目的の集合住宅も取り扱っています。最近はセカンドハウスとして購入を検討される県外のお客様も増えていますね。
 
狩野 神戸というブランドは日本全国で人気ですもんね。例えば関東の人など、神戸をあまり知らないという方にとっては、神戸LINE不動産さんのような情報量の多い会社は、とても頼りになると思います。
 
鎌田 ええ、私以外のスタッフも皆、大手不動産会社での勤務経験を持っていますし、関西トップの成績を出した人材ばかりです。豊富な経験と地域密着ならではの情報量で、お客様に最適なご提案を行いますよ。私は、兵庫区の地価もすべて頭に入っているくらいですから(笑)。
 
狩野 それはすごいですね! いろんな質問にもその場ですぐに回答してくれそうだ。打ち合わせもサクサク進みそうです(笑)。それだけ頼りになるなら、まずは相談だけしたいというお客さんもいるんじゃないですか?
 
鎌田 ええ、不動産に関することでしたら何でも相談を承りますよ。例えば相続や資産整理に際して、「不動産の価格だけ知りたい」などの相談があります。そのような場合はお問い合わせ内容への返答のほか、提携する弁護士さんや税理士さん、司法書士さんの事務所も無料でご紹介いたします。また、不動産の売買に際しては、不用品の回収業者さんや解体業者さん、引越し業者さん、保険会社さんをご紹介することもありますよ。
 
狩野 不動産だけでなく住まいや資産、生活に関わるあらゆる問題を解決につなげてくれると。消費者の立場からすると、不動産会社さんにそこまでサポートしていただけると、本当に助かるんですよ。
 
glay-s1top.jpg
鎌田 これも地域密着型だからできることだと思います。売買の契約を結ぶことだけでなく、アフターフォローやその他のサポートまですることが、私が理想とする不動産業の在り方なんですよ。私を信頼してくださるお客様も多く、ご紹介から新たなご縁が広がることも多いですね。
 
狩野 売買をメインにして他社と差別化を図っているのはいいことですよね。しかもその事業が、目先の利益ではなく誰かの役に立つことを追い求めていて、結果としてたくさんの人をハッピーにしているわけですから。御社の事業はビジネスの理想の形だと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事