B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建築金物一筋に30年
仕事も遊びも一生懸命に

 

蓄積した知識と技術で、地域の信頼も獲得

 
glay-s1top.jpg
畑山 実は建築金物という業種名は、あまり聞き慣れていません。具体的にどういった仕事なのか教えてもらえますか。
 
城野 簡単に言えば、階段などの金物手すりの設置です。ホームページにも施工実績として記載している通り、マンションやビル、飲食店、スーパーマーケット、商業施設、工場などの大型案件を多く手がけています。
 
畑山 わかりやすい説明をありがとうございます。想像以上に、私たちの生活にも密着していそうです。溶接も必要になるでしょうね。それも城商テックさんで行うのですか?
 
城野 はい。階段で下から上に向かって取り付ける手すりと、上から下に向かって取り付ける手すりの結合部分や、壁との結合などで、溶接技術は欠かせません。また、工場など大型施設によくある鉄骨階段の手すり設置なども溶接を多用しますね。私はもともと鍛冶屋のような仕事から始めたので、溶接技術には自信を持っています。
 
畑山 なるほど。この道30年の大ベテランですから、積み重ねてきた経験値は大きな宝に違いありません。建築金物にとって溶接が欠かせないのもよくわかりました。手すり以外にはどういった施工を?
 
城野 階段や棚、台の取り付け施工や、外装・内装パネルの設置、クレーン・レールの取り付け施工などのご依頼が多いです。
 
glay-s1top.jpg
畑山 同じ建築金物でも、大小多岐にわたるんだなあ。クレーンは、工場の天井でよく見る鉄骨のような骨組みですよね。あれの取り付けはさぞ大変でしょう。高所ですし、大規模工事の印象があります。今現在はどういった工事に携わっているのですか?
 
城野 大阪府内で芸術劇場を建築中です。その建築金物を担当させてもらっています。
 
畑山 すごいじゃないですか! 芸術劇場といったら、建築物自体もアート作品としての仕上がりが求められますから、斬新でユニーク、そして繊細な設計を想像します。公共事業の依頼が入るのは、地域に信頼されている証ですね。
 
城野 ありがとうございます。劇場は、壁がブロック、手すりは格子状なので、建物内の中でも見せ場スポットと意識しながら工事に取り組んでいます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事