B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

先進の治療と情報発信で
歯から国民の健康に寄与

 

実は腸活も歯の健康維持に大きく影響

 
glay-s1top.jpg
中原 水野さんにひとつ質問です。予防歯科で患者さん自身がやるべきことは何だと思いますか?
 
水野 それはやっぱり日々の歯磨きでしょう! もしかして他にもできることがあるんでしょうか?
 
中原 それがあるんです。例えば、「腸活」です。腸内環境を整えることが、虫歯や歯周病の予防につながることが、近年の研究でわかってきたんですよ。
 
水野 まさか口ではなくお腹の中とは! 腸内の環境が、口腔にも影響を及ぼすんですか?
 
中原 ええ、腸内に存在する菌のバランスが整っていると、歯磨きをしなくても虫歯にならないという報告もあるんです。
 
水野 そういえば、歯ブラシをしても虫歯になる人や、反対にケアがずさんでも健康な歯を維持している人がいます。それは生まれつき歯が強かったり弱かったりするというだけでなく、腸内の環境にも秘密があったのですね。初めて聞いて、勉強になりました。こういう話を普段から患者さんにもなさるのですか?
 
glay-s1top.jpg
戸塚駅前トリコ歯科の理事長を務める
中原 ええ、でもやはり知らない方がほとんどです。そのような状況を鑑みると、やはりこれからの歯科医師は対処療法だけでなく、腸内環境を整えることなど、本当の意味での予防歯科について患者さんに伝えていく必要があると思います。定期的に歯医者に通うことは、予防ではなく早期発見、早期治療に過ぎませんからね。
 
水野 私自身、「歯のケアは歯科医院に通って診てもらうことが一番」と、ある意味、歯医者さん任せの考えを持っていました。反省しないといけないですね。
 
中原 口腔内が健康だと、寿命が延びるというデータもあります。私は歯科医師として、国民の健康寿命延伸に貢献したいと考えているんです。そこには、患者さんご自身による協力も欠かせません。だから、歯のケアを自分のこととして捉えてもらえるように、患者さんの意識や価値観を変えていきたいと思います。
 
水野 そこに関しても、豊富なケアグッズが役立ちそうですね。ドラッグストアが流行するのも、やはり私たち一人ひとりの健康への意識が高いからだと思うんですよ。グッズがこれだけたくさんあると知って、選ぶ楽しみを味わえれば、歯の健康への意識も高まるかもしれませんね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事