B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

豊富な経験と縁を糧に
期待に応え続ける社労士

 

コロナ禍で頑張る人の支えになりたい

 
glay-s1top.jpg
矢部 社労士は新型コロナウイルスの影響で忙しくなった職種のひとつと聞きます。
 
岡本 その通りで、現在も助成金関連の仕事に追われています。コロナによる営業休止は会社の都合による休業とみなされるので、従業員への休業手当が必要になります。その助成金の申請手続きを私たちが代行するんです。
 
矢部 依頼主はやはり中小企業が多いのでしょうか?
 
岡本 そうですね。大企業ほど資金面の体力がないので、できる限り迅速に対応するように心がけています。
 
矢部 私も今回のコロナで、いろいろな申請手続きをしました。でも、「この書類の書き方で合っているのかな?」など、不安を抱えながら作業していました。専門の方にお願いすれば自分でやるよりも確実だし、申請書を提出するまでのスピードもきっと速いと思います。そう考えて、社労士さんに申請手続きの代行を依頼する人も多いでしょうね。
 
岡本 社労士としての責任感を、私もひしひしと感じています。困っている方を一人でも多く助けたいですね。
 
矢部 社労士さんにもコロナ禍で頑張っている方がいるんだと、世間の人にも知っていただきたいですね。岡本代表は、社労士という仕事に対して、どういうところに誇りや魅力を感じていますか?
 
glay-s1top.jpg
岡本 私のアドバイスによってお客様の意識が変化し、労働環境も改善されていく様子を見ると、自分の仕事を誇らしく思います。魅力は、さまざまな気付きを得られるところでしょうか。若い経営者の方が増えてきた最近は、自分より年下の方と話すという、今までの社労士人生にはなかった経験もするようになりました(笑)。若い人の価値観や考え方に触れることで、私自身の意識が改革されることもあるんですよ。
 
矢部 まだまだ成長していこうとする岡本代表に期待している地元の方も多いと思います。お客さん、スタッフさん、そして明日からのご自身に向けて、最後にメッセージをどうぞ!
 
岡本 皆さんのお役に立ち、喜んでいただける存在でいられるように、これからも進歩していきます!
 
矢部 本日はたくさんお話できて楽しかったです。ありがとうございました!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
楽しく飲むために、お酒のために頑張ることです(笑)。
(岡本直子)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 岡本社会保険労務士事務所
■ 所在地 〒194-0013 東京都町田市原町田2-2-13 キョーワ町田ビル5F
■ 事業内容 社会保険労務士事務所運営
■ 設立 平成16年2月
■ 従業員数 2名
■ ホームページ https://okamoto-office.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事