B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客目線を徹底した
安心・安全な引越業者

 

引越は顧客目線で丁寧に行うサービス業

 
glay-s1top.jpg
矢部 建設業の方は「自分の家だと思って建てる」と、よく話をされます。その姿勢って、「どの仕事も絶対に雑にしたくない」とおっしゃる島尻社長の姿勢にも通じていると思いました。
 
島尻 そうですね。私も、「お客様の家財は自分のもの」だと思って運んでいます。
 
山名 一見すると何の変哲のない家具でも、お客様にとってはとても思い入れの深いものかもしれませんからね。そこをないがしろにしないように、特に扱いに注意すべきものは何かなど、事前にお客様から細かくお話をうかがうようにしています。
 
矢部 そういうコミュニケーションも取ってくれると安心です! 私は今までに何度も引越を経験した中で、「業者の人ってあまり喋らないんだな」って思っていましたよ。差し入れしたコーヒーを無言で受け取られたときは、さすがに私も気分が暗くなりました(笑)。でも反対に、そうやって積極的に話しかけてくださると、こちらとしても楽しくなります! お二人は、お仕事の中でどんなときに楽しいって感じますか?
 
島尻 私は、「他の会社では断られたんです」という案件をこなせたときですね。マンションやアパートでは、家具によっては玄関からの搬入が難しいケースがあって、その場合は窓から屋内に運び入れることになります。ところが、これがなかなか難しくてね(笑)。だからこそ、傷一つつけることなく屋内に入れられたときの達成感はひとしおなんです。
 
山名 私は「説明のわかりやすさで選んだよ」とお客様から言っていただけたときですね。引越業者を探す際は、皆さん相見積もりを取られるでしょう? もしかすると私たちよりも安い業者があったかもしれません。だからこそ、値段以外の付加価値で選んでいただけることにやりがいを感じるんです。
 
矢部 お話を聞けば聞くほど、お二人とも引越業をサービス業として考えているんだなと感じます。ただ家財を運べばいいというわけではないですよね。
 
glay-s1top.jpg
島尻 お客様からすると、引越は新生活のスタート。その大事なイベントで気分を害すようなことがあってはいけませんよね。
 
山名 例えば靴下も、お客様のお宅に上がるときはきれいなものに履き替えるなど、一つひとつの行動に、お客様への配慮が必要だと考えています。
 
矢部 そこまで私たちの目線になって、しかもプロとしてクオリティの高い仕事を行ってくれる御社になら、安心して任せられますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事