B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

原料から製法に至るまで
こだわり抜いた健康食品

 

素材・製法にこだわったサプリメント

 
glay-s1top.jpg
八木 最近は多くの会社からさまざまな健康食品が販売されています。その中でセントラル総研さんならではの強みを、ぜひ教えてください。
 
中山 それはやはり、商品へのこだわりですね。原料も製法も、とにかくこだわり抜いてつくっています。弊社では、できるものはなるべく原料や主要成分をそのまま凝縮してつくる丸剤製法でつくるようにしています。この製法は、添加物を一切使わないのが特長です。一般に市販されている健康食品の中には、7割が添加物というものもあり、さまざまな添加物が含まれているんですよ。
 
八木 それは知りませんでした。一般的な商品には、どのような添加物が使われているんですか?
 
中山 例えば、にんにくのサプリメントの丸剤をつくろうとする場合、よく使用されるにんにく粉末だけでは固まらないため、つなぎとしてゼラチンなどの添加物を混ぜて固めます。しかし、弊社のサプリメントは無添加なので、粉末ではなくにんにくをそのままペースト状にして、少しずつ固めながら丸剤を形成していくんです。弊社の醗酵黒にんにくスッポン卵黄は、一定の温度や湿度で管理し熟成・発酵させた黒にんにくと、スッポンエキスや卵黄を素材そのままに混ぜ合わせてつくります。コストはかかるものの、その分とても高品質な製品になるんですよ。
 
glay-s1top.jpg
八木 ほう、非常に手間がかかっていますね! コストをかけてでも良いものをつくろうという気概が伝わってきますよ。それにしても、ここまで徹底して素材や製造に気を遣っている会社は少ないんじゃないかな。
 
中山 ありがとうございます。よく昔から、にんにくを摂れば風邪を引きにくくなると、言われていますよね。弊社が商品を卸している店舗の販売員のみなさんも、弊社の商品を使用したところ、なかなか風邪を引かなくなったとおっしゃっていました。さらに、多くのお客様からも寝起きが良くなり、朝からとても元気が出るというお声もいただいています。そういった喜びのお声をいただくのは、本当に嬉しいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事