B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ES重視のサロン運営で
女性が輝く社会を構築!

 

自律した生き方が女性の理想像

 
glay-s1top.jpg
聞き手 まずはインポスター症候群を啓蒙する。それによって、男性の意識も変わるだろうし、ジェンダーの平等に近づけるだろうと。
 
佐伯 女性が変わらないといけない部分も多いですね。例えば、男性は大人になったら家の外で働かなければならないという考えは根強いですよね。でも、最近少しずつ増えているように、男性が主夫をしてもいいと思うんです。男性が外で収入を稼ぐのが絶対という状況を辛いと思っている男性もいるかもしれません。一方の女性は、「会社での人間関係に疲れたから」と退職して主婦になることを選ぶ人がいるかもしれません。もしそれが許されるなら、男性にも同じ選択肢があっていいはずですよね。
 
聞き手 お互いの立場を尊重して寛容でいるには、個人が自律した人間でいる必要がありそうですね。
 
佐伯 そうです。自分の意思で考えて行動できる、自律した人間になることが、女性の理想像だと思います。私は大学生になったときに一人暮らしをはじめました。そのときに両親からは、住居探しなどは全部一人でやるように言われ、最初は孤独を感じましたけど、その中で、自分の人生は自分でレールを敷いて生きていくものなんだと気付かされたんです。正解かどうかわからなくても、自分で道を選択してその中で生きていくことが大事だと思います。
 
聞き手 そのような女性を増やしていくため、今後はどんな取り組みをしていくつもりですか。
 
glay-s1top.jpg
佐伯 社内では引き続きSDGsの活動を推進していきます。「ジェンダー平等を実現しよう」という以外の項目にも手を広げたいですね。インポスター症候群については、社内外に向け、より認知を広めると同時に改善に向けての取り組みをしていきたいです。お客様へのサービスでは、男性専用の脱毛サロン、「MEN'S KIREIMO(メンズキレイモ)」を5月に渋谷と新宿で同時に2店舗オープンします。その他、パーソナルジム「PLUS ME(プラスミー)」やエステサロンの「SLENDA(スレンダ)」でも、さらなるサービスの充実を進めていきます。
 
聞き手 佐伯社長はとても楽しそうにお話をするので、こちらも楽しくインタビューができました。
 
佐伯 私はプライベートと仕事の区別があまりなくて、生きているのが仕事のようなものなので、いつも楽しいですよ(笑)。自分が楽しくないと一緒に働くみんなも楽しくないと思うので、自分がどう楽しむかを考えながら、これからも頑張りたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
大きな課題に直面すると、ワクワクしてきます。想定外のことが起こると嬉しくなっちゃうんですよ。そういう驚きがあって、それに対してどのように対応していくのかを考え、実践する。そのように仕事ができているのが、楽しいですね。
(佐伯真唯子)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社ヴィエリス
■ 本社 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-1-8 Barbizon8-8F
■ 事業内容 全身脱毛エステサロン「KIREIMO」、男性専用脱毛サロン「MEN’S KIREIMO」、サイエンスダイエット・エステ「SLENDA GINZA」、パーソナライズ・ボディメイク・ジム「PLUS ME」の運営/美容品・化粧品の販売
■ 設立 平成24年11月
■ 従業員数 約1600名
■ ホームページ https://vielis.co.jp/
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事