B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

中小企業の可能性を
ビジネスアニメで広げる

 

アニメ動画の強みは圧倒的なアイキャッチ力

 
水野 ビジネスアニメ動画についてうかがいましょう。YouTubeにサンプル作品をアップロードされていますよね。クオリティが高くてびっくりしました。
 
glay-s1top.jpg
岡田 ビジネスアニメ動画がどんなものなのか、知っていただくには観てもらうのが一番ですからね。VYOND(ビヨンド)というビジネスアニメ制作ツールを利用しており、ひとまず、私を紹介する内容でサンプル作品を制作しました。商品やサービス、会社などの案内に活用していただけます。また、研修用の映像や人材募集のPRムービーにも利用できると考えていまして。制作コストも高くないので、中小企業の方や個人事業の方でも安心してご依頼いただけますよ。
 
水野 珍しいPR方法だから、今までにない自社の魅力を発信できそうですね。でも、なぜアニメ動画という手法に取り組まれたのですか?
 
岡田 そもそも動画には、言葉にできない思いや複雑な情報を伝えやすいメリットがあります。その中でもアニメ動画は、実写映像よりもアイキャッチ力、つまり人目を引く力が強いと思うんです。1、2分の作品でもクリック率が高まるんですよ。
 
水野 確かに、先ほどのサンプル作品も動きが豊かで、気が付けば最後まで観ていました。これはアニメ動画ならではの演出ですね。
 
岡田 ただ、アニメだったら何でも良いわけではありません。観た人が、自分にどのようなメリットがあるのかを、自然に感じさせるシナリオがとても重要なんですよ。その部分で、私のセールスライティングの技術が活かされるわけですね。
 
水野 セールスライティングの技術が基礎となって、初めてビジネスアニメ動画が成り立つのか。それにしても、自身の技術をアニメに結びつけられるとは、柔軟な発想ですね。サンプル作品からも感性の若さを感じましたよ!
 
glay-s1top.jpg
岡田 一緒に活動している息子の力も大きいです。息子は東京の渋谷でWeb関連の仕事をずっとしていました。「一緒にやらないか」と声をかけたところ、昨年から私の仕事を手伝ってくれるようになりましてね。オンライン、オフラインの両面でサービスを行えるのは、息子の存在によるものなんです。
 
水野 Web業界の最前線で働かれていたご子息がオンライン、岡田代表がオフラインと、うまく役割分担ができているんだな。親子だからチームワークもばっちりでしょうね!