B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

情熱の理美容ディーラー
物より人を売る姿勢貫く

 

今後はサロンの明るい未来を支援する役割も

 
glay-s1top.jpg
名高 たくさんの顧客に一人ひとり対面で営業をすることは、並大抵の努力じゃできないと思います。これまでのお仕事の中で、何か印象深い出来事がありましたら、ぜひ教えていただきたいです。
 
小野田 まだ私が若かった頃、山梨県のあるサロンに毎週決まった曜日にうかがっていました。ただ、そのオーナーさんはとてもシビアで、私の姿に気付くと決まって店の奥に引っ込んでしまって、挨拶もできなかったんです。何度行っても空振り続きでした・・・。ようやく事務所に通していただいたときに、「通い始めて1年が経ちました」とお伝えしたところ、「よしわかった。来週までに目を通しておくから、商材の説明書をあるだけ全部置いていってくれ」と言ってくださったんです。本当に嬉しかったですね。
 
名高 小野田代表の熱意が通じたんですね。それにしても1年通ったのはすごい!
 
小野田 それから25年ほどお付き合いが続いて、つい最近そのオーナーさんは亡くなられました。後で奥様から、「主人はあなたのことを本当に認めていましたよ」と教えていただきまして。ご本人からは一度もほめられたことがありませんでした。でも、その言葉を聞いて自信になりましたね。
 
名高 小野田代表の誠実さが伝わるエピソードですよ。最後に、今後の目標をお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
小野田 最近、ベテランのサロンオーナーさんたちと話していると、仕事に対して今のままでいい、これ以上のことは望まないという意識が感じられて、とても心配なんです。このまま時代の変化に対して逃げ腰になっていたら、5年後、10年後はどうなってしまうのか、悲観的にならざるをえません。そこで、今後はもっとお客様と一緒に自分たちの足元を見つめ、10年後も「楽しいね」と言い合えるような状況をつくっていきたいと思っています。
 
名高 時代の変化といえば、私も最近、いつもお願いしている美容室で最新のオートシャンプーを体験して、快適さに驚かされたところなんです。もう今ある技術で十分だよ、と思っている人たちに小野田代表が喝を入れることで、サロンに活気が戻ると良いですね。
 
小野田 そう願っていますし、きっと実現できると信じています。
 
名高 小野田代表は商品を売る以前に、大切なお客さんをおもんぱかる、一途な“心”を売っているんですね。感銘を受けました。これからも頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分に嘘をつかないことです。また、何事も「明日でいいか」ではなく、すぐに取り組むこと。そうすることが、仕事の楽しみにつながっています。
(小野田仁志)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 アクトコーポレーション
■ 所在地 〒417-0056 静岡県富士市日乃出町28-3
■ TEL 0545-53-0801
■ 事業内容 理美容機械器具・用品の販売
■ 創業 平成20年3月
■ 主な取引先 タカラベルモント株式会社/ルベルコスメティクス/株式会社リビック/ニチリ株式会社/株式会社武田/滝川株式会社/菊星株式会社/山本美材株式会社/株式会社リアル/ラモコスインターナショナル株式会社/富屋理器有限会社/AZAコスメティクス株式会社/株式会社メセナ
■ フェイスブック https://www.facebook.com/hitoshi.onoda.7
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事