B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

3D技術で実現する ミスのない配管工事
株式会社Tuber Vision 代表取締役 工藤淳

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 千葉真子(陸上指導者)
千葉 株式会社Tuber Vision(チューバービジョン)さんは、配管工事を中心に工事全般を手がけておられ、とても未来的な取り組みをしていらっしゃるそうですね。
 
工藤 弊社は工場など産業施設を対象に配管工事を手がけていて、施工と3Dソリューションの2本柱で展開しているんですよ。3Dソリューションとは3DCADや3Dレーザースキャナーを駆使し、現場の調査・設計・計画・施工・施工管理をワンストップで行う事業です。また、製品の検査データ分析、解析も行います。
 
千葉 3Dと従来の手法では、どのような違いが出てくるのでしょう?
 
工藤 配管工事は、まだまだ現場を人の手で測定し紙の設計図にすることが多いんです。ただ、それでは時間がかかりますよね。また、業界の中には、配管同士がぶつかってしまうような施工をするなど、稀にいい加減な設計をする業者も見られます。でも、3D技術を使えば現場の測定がスムーズに進み、設計図を360°の映像で見ることができるようになるんです。完成後の状態を先に確認できれば、施主様も施工会社さんも安心して工事に入れますよね。
 
千葉 確かに、紙の図面は多くの人が理解できません。でも、3Dの映像なら誰もが詳細を掴めそうです。
 
glay-s1top.jpg
工藤 千葉さんがおっしゃるとおり、最後に辿り着く姿をあらかじめ鮮明に映像化する、この3D設計図があれば、機材の搬入から施工まで、さまざまな作業をすみやかに進めることができてミスが大幅に少なくなります。それに、海外での仕事も3Dの完成図を見せることで言葉が障害にならず、スムーズに工事を進められるんですよ。この3D技術を使って、私は「絶対に間違いのないものを納める」というこだわりを実現しているんです。
 
千葉 紙の設計図では、たった一つのミスが命取りになるし、それを取り返すために時間もコストもかかるでしょう。でも、3Dならそのような心配がなくなる。これは大きなメリットですね! 
 
工藤 はい。今後は、思い出の詰まったお住まいなど、壊されてしまう建物を3Dの映像で残し、VR技術でいつでも同じ場所に行けるようなサービスを展開したいですね。建設現場だけでなくあらゆるところに3D技術を応用し、空間をコーディネートすることが私の仕事。また、MR技術を使って、現場に直接3Dの完成図を投影することで施主様も施工会社さんも迷うことなくプロジェクトを遂行できる技術を開発していきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
使う技術は同じでも、毎回現場や収めるものが違うので、仕事の一つひとつが作品だと思っています。その中で、さまざまな課題が生まれては、なんとかして乗り越える。常に挑戦し続けていられるのは、私にとってやりがいであり、楽しみでもあります。
(工藤淳)
 

:: 企業情報 ::

株式会社Tuber Vision

〒299-0114 千葉県市原市泉台2-32-4

ホームページ
https://tubervision.jp/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事