B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

足場と塗装の会社が組み
相乗効果で技術を高める

 

遠方からの依頼は信頼の証

 
矢部 事業内容について簡単に教えていただけますか?
 
glay-s1top.jpg
株式会社政建設の飯野政良代表取締役
飯野 建物の建設工事に利用する、足場の組み立てから解体を手がけています。一般住宅からショッピングモールをはじめとする公共施設まで、幅広く対応していますよ。
 
関島 関島塗装も同じく、一般の住宅から大型の建造物まで対応しています。施工内容も外壁から内装、防水まで、塗装ならオールマイティに手がけています。
 
矢部 両社のコンビネーションの良さが、さっそく感じられますね。ちなみに対応エリアはどちらになるのでしょうか?
 
飯野 全国どこでも、ご依頼があれば駆けつけますよ! 現在も新潟の現場を任されているんです。
 
矢部 それはすごい! 遠方から依頼が来るのは、よほど技術に信頼が置かれているからだと思います。施工ではどんなところにこだわっていますか?
 
関島 丁寧な施工ですね。これは塗装が、外観という形に残るからだけでなく、建物の耐久性にも深く関わるからです。実は、塗装の仕上がりは一般の方だと良し悪しの判断がつきにくいため、手抜き工事をしてもすぐにはわかりません。
 
矢部 確かに、私たち一般人からすると、どういった塗装が“きれい”なのか想像もつきません。
 
関島 そうなんです。きちんと塗れば十数年は持つものも、手抜き工事だとわずか2、3年で塗装が剥がれます。そんな脆い塗装では、当然、壁の耐久性も下がってしまいますよね。お客様の大切な物件を長持ちさせるためにも、一つひとつの作業を丁寧に行うようにしています。
 
glay-s1top.jpg
矢部 そこまできっぱり「手抜きをしません」とおっしゃっていただけると安心ですね。政建設さんの施工へのこだわりは何ですか?
 
飯野 安全面、スピード、美しさの3つですね。安全面は、足場を組む従業員に対してはもちろん、そこで作業する職人さんを含んでのことです。スピードは、建築現場の最初から最後まで関わる立場として、工期を遵守するために不可欠な要素でして。美しさとは、職人さんの作業のしやすさを意味します。
 
矢部 そうか、足場って組んだあとに多くの職人さんが利用しますものね。足場が施工の質を左右すると言っても過言じゃないかもしれません。そう考えると、多少遠方でも信頼できる会社に依頼するのはごく自然なことでしょう。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事