B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

最短距離で結果を出す
尼崎に特化した学習塾

 

尼っ子の一人ひとりのやる気を後押し

 
glay-s1top.jpg
狩野 いやぁ、立石塾長は熱血先生ですね! これは尼崎という地域性もあるのかもしれない。厳しいこともするというと、スパルタのさじ加減もよくご存じなんだろうな。
 
立石 ええ、生徒一人ひとりに応じてさじ加減を調整していますよ。例えば、「反骨心で成長するタイプだな」と思ったら、あえてハッパをかけるときもありますね。
 
狩野 そのほうが絶対に良いですよ。スポーツでも最近は「褒めて伸ばす」指導法が中心になっています。でも、褒められると怠けてしまう選手がいるのも事実です。それを見過ごして褒め殺しにするのは、選手のためにもなりません。心を鬼にして指導したぶん、その生徒さんが成長したときは嬉しいでしょうね。
 
立石 もう自分が成功したとき以上に嬉しいですよ。中学2年生の頃に勉強を教えてあげた子が、「ライバルに勝った!」と答案用紙を持ってきてくれたとき以来、生徒からもらう幸せの大きさは少しも変わりませんね。
 
狩野 素晴らしいなぁ。指導という意味では、野球の監督やコーチも共通点は多く感じます。ただ、塾の先生の場合、例えば高校なら3年間しか指導できないところですよね。あらかじめ期間が決まっている中で成果を出さねばならないという緊張感もあるのではないですか?
 
glay-s1top.jpg
立石 そうですね。ただ、私はこれからも、教育業界の常識や固定観念にとらわれない指導を続けていきたいと考えています。そのような発想は、リラックスした状態のときに生まれるので、オンとオフの切り替えはあえてせず、いつも自然体でいるように努めていますよ。
 
狩野 いつも自然体でいることが、生徒さんとの信頼関係につながっているのかもしれませんね。今後、どんな生徒さんに来てほしいですか?
 
立石 頑張りたいけどその方法がわからない子や、なるべく安い授業料で個別指導を受けたいと考えている子ですね。建物が古くても味は最高で値段の安い焼き肉店が好きなタイプの方は、ぜひ一度尼崎ゼミナールにも来てください(笑)。
 
狩野 尼崎の人のツボを心得ていますよね(笑)。子どもが変われば地域が変わるといいますし、立石塾長の教育で、尼崎は今後、どんどん変わっていくのではないでしょうか。そんな期待が持てるお話を、本日はありがとうございました!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
生徒さんの成功が、自分の成功以上に嬉しいんですよ。おかげで、仕事が楽しいですね!
(立石昌則)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 尼崎ゼミナール
■ 所在地 〒660-0076 兵庫県尼崎市大島3-26-6
■ 事業内容 学習塾の運営
■ 設立 平成27年
■ 従業員数 2名
■ ホームページ https://ama-seminar.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事