B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

失敗から再起した経験で 経営と転職をサポート
総合事業サポート株式会社 代表取締役 伊藤佑一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府松原市でコンサルタント業を営まれている、総合事業サポート株式会社さん。御社のホームページを拝見しますと、伊藤社長はバイクがお好きで、以前はバイクショップを経営されていらっしゃったとか。
 
伊藤 そうなんです。10代の頃、郵便局の集配業務のアルバイトをしていて、地域の方々とお話しする機会が多くあったんです。そこで仲良くなった方がバイクの処分に困っていると聞き、その方の代わりにバイクをオークションに出品したことが始まりでした。その後、趣味も兼ねて地域の方々のバイクの修理なども引き受けるようになりました。
 
タージン 最初は人助けから始まったんですね。その後は、どうなさったんでしょう?
 
伊藤 次第に修理依頼も増えてきたので、2010年に個人事業主としてバイクショップを創業したんです。ところが、しばらくして周辺地域への騒音やガソリン臭などの問題で、移転を余儀なくされました。しかし、移転先は人通りが少ないうえに、バイクを並べる展示スペースもなく、バイクの販売ができなくなってしまったんです。すると、売り上げがダウンするとともに次第にスペースも縮小せざるを得なくなり、それにつれてお客様も離れていってしまい、最終的には倒産してしまいました。
 
glay-s1top.jpg
タージン 経営の難しさやシビアな現実を感じますね・・・。そこから、現在に至るまでの経緯もぜひお聞かせください。
 
伊藤 バイクショップを廃業後、会社勤めをするなど何度か転職を経験しました。その傍ら、パソコンの知識にもそれなりに自信があったので、副業として企業向けにホームページ作成を始めたんです。また、倒産経験もあったことから、経営者の方にアドバイスを求められることがよくありました。そこで、「自分の経験には価値があるのかな」と思い、それを活かすべくコンサルティング業を開始したんです。
 
タージン 倒れても這い上がる、その不屈の精神は素晴らしいですね! 成功と失敗の両方から学んだ多くの経験を活かせば、経営者やこれから起業を考えている方々にとっても非常に心強いアドバイスができますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事