B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

滋賀の自然をテーマに
心の奥に響く楽曲を制作

 
 
glay-s1top.jpg
畑山 なるほど。四季折々でその姿を変えながら、どこまでも続くメタセコイアの並木道が思い浮かびます。それぞれ異なる幾多の人生を歩む、多くの人々の心に響くような、まるで人生の応援歌のようですね。
 
夏田 ありがとうございます。一方の『水飲み鳥』は、琵琶湖に舞い降りるオシドリと、湖畔に佇みながらそれを見つめる女性を、ガラス細工の寂しげな水飲み鳥のイメージに重ねて歌った、切ない恋の歌です。
 
畑山 つがいのオシドリたちを見つめながら、来るあてのない恋人を待ち続ける女性・・・。『水飲み鳥』の歌詞を拝見していると、このような風景が目に浮かんできますよ。ノスタルジックな“夏田ワールド”に心が引き込まれてしまいますね(笑)。
 
夏田 そう感じていただけると本望です(笑)。私はこの滋賀県に来た時に、雄大な琵琶湖の景色にとても感動しました。そこで、もっと多くの方々に琵琶湖の素晴らしさを知っていただきたいと考えています。
 
畑山 近畿地方に住む方々にとって琵琶湖は生活になくてはならない、まさに命の源ですからね。それでは、これからの目標をぜひお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
夏田 今後も多くの作詞・作曲を手がけ、社歌や校歌など、企業や学校にも楽曲を提供していきたいですね。そして、琵琶湖や自然の恵みを感じさせる曲づくりにもより一層励み、音楽で高島市や滋賀県全体を盛り上げていきたいです。また、『メタセコイアの里』のモチーフになった、高島市にあるマキノ高原のメタセコイアの並木では、月に1度、定期的にライブを行っていますので、そちらにも多くの方々に訪れていただけると嬉しいですね。
 
畑山 夏田代表にとって、滋賀県の高島市はまさに第二の故郷。そんな故郷を慈しむ気持ちが強いからこそ、心に響く名曲が生まれるのだと思います。今後も素敵な歌を通じて、多くの方を勇気付け、元気にしていってくださいね。僕も応援していますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分が好きなものを、ずっと続けることですね。私の場合は、いつも近くにギターを置いているんですよ。たとえ気分が悪くても、毎日必ず触るようにしています。そのように常にギターと一心同体でいることが私の楽しみです。
(夏田實美)
 

:: 事業所情報 ::

サマーミュージック

〒520-1621 滋賀県高島市今津町今津1091-62

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事