B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

施設の紹介と生前整理
“終活”の仕組みづくり

 

豊富な経験や知識を駆使した対応

 
glay-s1top.jpg
畑山 それでは、事業内容についてお聞きします。高齢者入居施設紹介事業とは、ご相談にこられた方に適切な施設をご紹介するんですか?
 
左近 ええ。まだ携わった件数は多くないものの、介護に関するお悩みは100人いれば100とおりあると言っても過言ではありません。医療的なケアが欠かせなかったり、認知症ケアが必要だったり、その方々の環境など要因はさまざまです。そのような数々の条件をクリアした適切な施設を探すというのは、難しいと思います。
 
畑山 そこで左近代表が豊富な経験や知識を駆使して、お悩みの方へピッタリの施設を探して紹介するわけだ。
 
左近 そうなんです。まずは、入居を希望する方のお身体の具合はもちろんのこと、ご要望を細かくお聞きし、私が持っている情報とマッチングします。そのうえで、ご本人やご家族に、実際に施設を見学してもらい、お気に召していただければ、ご担当のケアマネジャーと連携を取りご入居となります。この一連の流れは、マンション選びと似ているかもしれませんね。私は社会貢献がしたくてこの仕事を始めました。ですから、自分にできる最大限のサポートを心がけているんです。介護などでお悩みの方々に、私という人間を大いに利用、活用していただくことが、微力ながら社会貢献につながると信じています。
 
畑山 素晴らしいですね! それでは、“終活セミナー”についてもお聞かせください。セミナーにはどんな方が参加されるのでしょう?
 
左近 ケアマネジャー、介護福祉士、看護師など、介護や医療の現場に従事している方をはじめ、ファイナンシャルプランナーや葬儀会社の方々、さらにはお寺の住職さんもいらっしゃいます。もちろん一般の方もおられますよ。
 
畑山 へえ、住職さんまで! 多くの方がこられるんですね。それにしても、“終活”という言葉は最近よく耳にします。生前の準備には、具体的にどんなものがあるのでしょう。
 
glay-s1top.jpg
左近 先ほども申し上げましたように、葬儀や相続に関することや、医療、介護、身元保証など多岐にわたります。例えば、延命治療。仮に重い病気で危篤状態になった場合、ご自身は延命治療を望まなくても、その意思が伝えられないという問題がありますし、ご家族は少しでも長く生きてほしいと思いますよね。そんな時のために、お元気なうちにご自身の意思を伝えておく必要があるわけです。また、最近では多くの方がSNSなどを利用しています。でも、もし亡くなってしまったら、誰がそれらのサービスを解約するのかという問題もあります。Webサイトのパスワードなど、ご本人しか知らない情報が多ければ多いほど、ご遺族のお困りごとが増えてしまうんです。そこで、エンディングノートを活用してあらかじめ書き留めておくことや、生前整理アプリに登録しておくのも良いと思います。
 
畑山 じゃあ、へそくりの口座なども信頼できる誰かに知らせておかないと(笑)。
 
左近 そうですね(笑)。実際に、ご本人しか知らない情報が死後に発覚して問題になるケースもありますから、ご自身の身の回りの物事を一つずつ丁寧に整理していくことが重要なんです。このような準備はお元気なうちに、少しずつしておくのが良いでしょう。その際、「まだ早い」はNGワードだと考えています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事