B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

課題解決力が身につく 本格プログラミング教室
プログラミング教室KOTONOHA 代表 竹村信一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 東京・板橋区のプログラミング教室KOTONOHA(ことのは)さん。竹村代表が教室を開いた経緯を教えてください。
 
竹村 私は大学院卒業後にSEの仕事に就きました。入社4年目に、自分が最も得意で、自分の価値を生かせる仕事をしたいという思いが強くなってきましてね。もともと人に何かを教えることが好きでしたし、小学校でプログラミング教育が必修になることが決定したこともあり、今の仕事を始めたんです。
 
川村 指導にあたり、教材などは使われるのですか?
 
竹村 Webブラウザで利用できる子ども向けのプログラミング学習用ソフト、「スクラッチ」というツールを使います。子どもたちが飽きないようにイラストを多く使用するなど工夫されているので、楽しく簡単にプログラミングの学習をしながら、ゲームやWebで読める紙芝居が作成できるんです。
 
川村 イラストもかわいいし、これならコンピュータが苦手な私でもプログラミングを楽しく学べそう。そういえば、大人用のクラスもあるそうですね。
 
竹村 はい。初心者の方でも、本格的なテキストコーディングを初歩から学び、最終的にアプリ開発に挑戦できますよ。
 
川村 プログラミングを学ぶことで、身につくのは、どんな力なんですか?
 
竹村 論理的思考力、問題解決力などですね。プログラミングを通じて、設定した課題を自ら発想した方法で解決していくスキルが身につきます。親御さんは子どもがゲームで遊ぶことにネガティブなイメージを持つかもしれません。しかし、単にプレイするのと、自分でプログラムして作品をつくってみるのとで身につく能力には、大きな差があります。
 
川村 竹村代表は豊富なノウハウをお持ちですから、楽しく学びながら、世の中に通用するプログラミングの技術が学べそう。
 
glay-s1top.jpg
竹村 ありがとうございます。単にスクラッチでプログラミングができるようになったら終了ではなく、社会生活でも役立つプログラミングや思考力などのスキルを養えることが私の指導の強みで、そこまで到達できるようサポートするのが、こだわりでもあります。今後はボランティアとしてプログラミング講座を開き、プログラミングを広める活動を行いたいです。まずは地元から始めて活動を広げていきたいですね。
 
川村 お話を通じて、竹村代表のお仕事に対する熱意と、専門的なお話もわかりやすく説明してくださる紳士的なお人柄を感じました! これからも頑張ってくださいね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
生徒さんが求めるレベルの指導をでき、成長した瞬間を目の当たりにできたときが一番楽しく、達成感を味わえます。
(竹村信一)
 

:: 事業所情報 ::

プログラミング教室KOTONOHA

〒173-0026 東京都板橋区中丸町31-3

ホームページ
https://kotonohaclass.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事