B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

思いやりと敬意を大切に 人を活かすキャリア支援
株式会社HOKUSHIN 代表取締役社長 長谷川北斗

 
プロフィール 愛知県出身。スポーツ用品店を営む家に生まれる。高校時代はプロボクサーを目指し、練習に青春を捧げるも怪我により断念。大学在学中に飲食店経営に携わったことをきっかけに、卒業後は飲食業界で起業した。その後は人材派遣業にも携わり、派遣スタッフの声に応える形で(株)HOKUSHINを設立。大手自動車メーカーの工場内設備のメンテナンスや生産ライン移設などを行っている。【ホームページ
 
 
 
工場内設備のメンテナンスなどを手がける株式会社HOKUSHIN(ホクシン)。従業員が「この仕事は自分に合わない」と言っても、「絶対に合う仕事を見つけるから」と全力で引きとめると語るのは、代表取締役社長の長谷川北斗氏だ。いかに人材を大切に考えているかが伝わるエピソードである。しかし、なぜそこまで従業員に親身になれるのか。子に対する親の愛情にも似た、長谷川社長の思いはどのように生まれたのか。詳しく話をうかがった。
 
 
 

愛知県の産業地帯を支え、製造業に貢献

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 愛知県名古屋市を拠点に、工場設備のメンテナンスなどを手がけている株式会社HOKUSHINさん。まずは詳しい事業内容について教えてください。
 
長谷川 弊社は大手自動車メーカーの工場内設備のメンテナンスや、生産ラインの移設に関わる機械の解体や設置、配管工事などを行っています。また、製造関連では溶接や製缶、金属加工を行うほか、建設関連では、現場の設備や足場の据え付けや組み立て、解体業務などを手がけています。
 
水野 工場設備のメンテナンスだけでなく、製造や建設の業務もなさっているんですか。まさに、愛知県という日本有数の産業地帯を支えているお仕事ですね。ただ、長谷川社長は技術畑の出身ではないとうかがいました。
 
長谷川 そうなんです。私はHOKUSHINだけでなく複数の事業に関わっており、この会社を立ち上げるまでは、ヘルメットを被ったことすらなかったんですよ(笑)。弊社は、溶接や金属加工でピカイチの腕を持つ工場長をはじめ、素晴らしい技術を持った従業員たちに支えられて成り立っているんです。
 
水野 それだけの人材がそろう企業がなぜ誕生し、どのように運営されているのか。長谷川社長への興味がますます湧きますね。本日はじっくりとお話をお聞きしたいと思います!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事