B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

植物学と料理を柱に 商品アイデアを提供
ファーム&クッキング想双 代表 西川秀峰

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 植物学と料理の知識を活かした商品開発を行う、ファーム&クッキング想双さん。西川代表と千賀博峰副代表は、二卵性双生児だとか!
 
西川 ええ。2015年に、弟の私が農業を営む西川家の養子になったんです。その後、2018年に兄である千賀と起業することになりました。その時、「想双」という言葉を社名につけたのです。
 
タージン ご兄弟の堅い絆が感じられます。事業内容もお二人で決められたのですか?
 
千賀 いえ、土壌医検定の資格を持つ西川から、調理師免許を持つ私に、植物学と料理の知識を活かした新サービスを提供しようという提案がありました。その第1弾が、料理冊子『レシピ読解力』のリリースです。コミュニケーションが苦手な人に料理を活用してもらおうと思いまして。
 
西川 料理はコミュニケーションの一つだと思います。この『レシピ読解力』を活用して誰かに料理をつくれば、自然と会話が生まれるんじゃないかと考えたんです。
 
タージン なるほど。婚活にも利用できそうだ。
 
千賀 それは良いですね! また、バイオフィリア仮説といって、人間には本来、自然とつながりを求める本能があるという考えがあります。それをもとに、“自然の癒し”をコンセプトにした商品アイデアを企業様向けに提供していきたいと考えています。
 
西川 こちらのTシャツには、多肉植物であるエケベリアの写真がプリントされておりますので、見るだけで癒されてもらえれば嬉しいですね。
 
タージン 衣食住以外にも、あらゆる業界で活用できそうですね。
 
glay-s1top.jpg
西川 すでに海外では、自然を身近に感じるバイオフィリックデザインの概念が浸透しています。オフィスなど、特に建築に応用されていますね。私の場合は発想を変え、服や装飾品などに取り入れようかと思ったんです。
 
タージン 素晴らしい発想ですよ。しかし、普及にはまだ時間がかかりそうですね・・・。
 
西川 そうかもしれません。まずは、地域を観光で盛り上げることから始め、その活動の中で、料理やバイオフィリア等の商品のコンサルティングを手がけていこう考えています。
 
タージン 地元で成功すれば、そのノウハウを他の地域でも活かせそうですね。ご兄弟でそれぞれ得意分野があることは大きな強みですし、アイデアの提供という重要なきっかけづくりをされていることも素晴らしい。今後も二人三脚でご活躍なさってください。応援していますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事は、幸せになるために歩む道だと考えています。時にはつらいと感じることもありますが、「この先は必ず幸せにつながっている」と考え懸命に取り組むことが仕事の楽しみでもあるんです。
(西川秀峰)
 

:: 事業所情報 ::

ファーム&クッキング想双

〒590-0512 大阪府泉南市信達童子畑443

ホームページ
http://www.fcsouzou-image-wacth.com/
ブログ
https://fcsouzou.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事