B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

悩める土地オーナーに
安心な将来設計を提案

 

土地オーナーの相続や不動産の悩みを解決

 
glay-s1top.jpg
千葉 まだ“ファイナンシャルプランナー”という言葉が、世の中で一般的でない時代から、野澤社長は勉強を重ね、その先駆けとして活躍なさっていたんですね! 独立するに至った経緯も教えていただけますか?
 
野澤 もともと私の実家が運送業を営んでいたこともあり、「いずれは定年のない仕事で独立したい」と考えていました。やがて、地域でファイナンシャルプランニングについて勉強する、スタディグループをつくることになったんです。すると、「自分たちが勉強するだけでなく、外に向けた活動もしよう」という声が広がりました。そこで1999年、私はハウスメーカーを退職し、FPとして独立したんです。そして、FPの事業協同組合を全国で初めて設立し、専務理事に就任しました。同時に、自分の会社も立ち上げたんです。
 
千葉 約20年もFPとしてご活躍されていて、ご経験も豊富なんですね! ところでFPと言えば、自分や家族に最適な保険を選んでくださる方というイメージですね。
 
野澤 確かに、一般的には“保険についてFPに相談する”という印象は強いですね。しかし、実際にはそれだけではありません。個人でも企業経営者でも、その方がお持ちの夢や目標、抱えている問題や悩みを真剣にお聞きして、現在の資産や経済状況を調査・分析します。そして、目標を達成したり、問題を解決したりするために、最適なアドバイスや資産運用をご提案するんです。つまり、お客様の将来設計をお手伝いするのが、FPの役目なんですよ。
 
千葉 保険に限らず、あらゆる経済的な相談に乗ってくださるわけですね。お金に関する問題はたくさんあると思います。野澤社長の得意とする分野はなんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
野澤 私は土地オーナーや中小企業オーナーを対象に、相続や不動産に特化したコンサルティングを行っています。土地オーナー、いわゆる地主さんは賃貸借をめぐりさまざまなトラブルを抱えています。また、中小企業の場合、家族経営や同族経営を行っていて後継者がいないなどの問題が多いんです。また、もし後継者がいたとしても、事業承継や財産の相続で争うケースもあります。「うちは争いなど起きない」という自信を持っている経営者の方でも、ご自身にもし万が一のことがあったとき、たちまち問題が表面化する場合もあるんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事