B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

子どもに運動の喜びを! 幼児体育で心を育てる
合同会社ヒカリスポーツ 代表 光元幸江

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 大阪府枚方市を拠点に、幼児体育事業を手がける合同会社ヒカリスポーツさん。光元代表は体育大学出身で、幼稚園教諭や保育士資格を取得なさっているとお聞きしました。
 
光元 そうなんです。小中学校や高校の体育教師になる体育大学の出身者が多い中、幼児教育資格を取得し、幼児向けの体育指導を行っているのは全国的にも珍しいと思います。私はこれまで、幼稚園で体育専任の教諭を務めたり、幼児体操教室を開いたりもしてきました。そして、個人事業として幼児体育の指導を行い、2018年9月に弊社を立ち上げたんです。私が指導をする中で大事にしているのは、大学時代に出会い、現在でも師と仰ぐ方からの教えである「心が動けば体も動く」という言葉なんです。そこで、子どもたちには心を育てながら、体を動かす楽しさを教えているんですよ。
 
畑山 確かに、小さな頃から運動の良さを教えるのは大切だと思います。最近は、外で遊ぶ子どもたちも少なくなり、公園でもゲームをしているような時代ですからね。
 
光元 おっしゃるとおりですね。また、私は幼児体育の世界を目指す高校生たちへの指導も行っていて、彼らにも夢を持つことがいかに大切かを伝えています。
 
畑山 光元代表のお考えにはとても共感できますよ。僕も現役時代、「あんなに大変なトレーニングをよく何年も続けられるものだ」と驚かれました。でも、チャンピオンになるという夢を抱いていたからこそ、自分自身は苦労だと感じていなかったんです。それに、たとえ夢がかなわなかったとしても、目標に向かって努力を積んできた経験は、必ず自分の財産になりますからね。ですから、ぜひ光元代表には、夢を持つことの大切さを子どもたちに伝えていってほしいと思います。
 
glay-s1top.jpg
光元 ありがとうございます。私は子育て中で不安や悩みを抱える親御さんのサポートも行いたいと考えていて、今後はセミナーや講演活動にも力を入れるつもりです。そして、私自身がそうであったように、現役の体育大学生たちにも“幼児体育の指導者”という道があることを知ってもらいたいです。幼児体育は子どもたちの成長を間近で見ることができる、とても楽しい仕事なんですよ。ですから、これから子どもたちの心と体を育てる同志が増えてくれると嬉しいですね。
 
畑山 僕も光元代表の活動を心から応援しています! 日本の将来を担う子どもたちのために、これからも頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分の好きなものを仕事にできている。それに感謝することです。そして、自分だけでなく、スタッフも仕事が楽しいと思えるような職場づくりをし、お互いを高め合い、成長していくことですね。
(光元幸江)
 

:: 企業情報 ::

合同会社ヒカリスポーツ

〒573-0064 大阪府枚方市北中振3-24-26

ホームページ
http://hikari-sports.club