B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

UKテイストにあふれた
建築業とアパレル販売

 

自分が楽しむことで、人に感動を届ける

 
glay-s1top.jpg
鶴久 ところで、More Tea Vicar?をオープンする場所として高円寺を選んだ理由は何ですか?
 
鳥谷(晴) この辺りはライブハウスも多いですし、友人もたくさん集まる土地だったので、最初から決めていたんです。その中でこのテナントを選んだのは、同じイギリス系統のメンズファッションショップが隣にあったからなんです。
 
鳥谷(和) ここ最近、高円寺にはイギリス関係のお店が増えてきているんですよ。そこで、「高円寺イギリス化計画」というものを進めようと仲間内で話し合っています(笑)。ゆくゆくはパブの集いなど、イギリスに関わるイベントを開催したいですね。そのためにも、まずは自分たちが、現在の仕事を思いっきり楽しみたいと考えています。自分が楽しめなければ、人に感動を届けることはできませんからね。
 
鶴久 それは良いですね! 趣味が共通する者同士で集まれば、必ずイベントも盛り上がりますよ。その点、お二人も夫婦で一緒に好きなことに取り組まれて、とても楽しそうだ。それにしても、どの事業も根底はイギリスの文化や音楽でつながっているように感じますね。
 
鳥谷(晴) はい。More Tea Vicar?という店名も、イギリスのパンクバンドであるダムドのギタリストがつけてくれたものなんです。また、看板もイギリスの有名なバンドさんが描いてくれたものなんですよ。
 
鶴久 お話を聞けば聞くほど、あらゆることがイギリス音楽から派生しているんだと感じますね。ぜひとも、今後の目標をお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
鳥谷(和) いずれイギリス本国でも、事業を立ち上げたいと考えています。また、音楽活動をしているスタッフの誰かがメジャーデビューしてくれたらいいなと思います。私のバンドも含めてね(笑)。
 
鳥谷(晴) 私は自社ブランドを展開したいですね。また、海外からアーティストを呼んで、楽しいイベントをたくさん開催したいです!
 
鶴久 ご夫婦ともに、徹底的にお仕事を楽しまれていますね。そんなお二人から、私も大きな刺激をいただきました。これからも頑張ってください。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
音楽とファッション。私にとっては、それしかありませんね。好きなことだからこそ、仕事も思いっきり楽しめると思います。
(鳥谷和宏)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 鳥谷興業株式会社/More Tea Vicar?
■ 本社 〒176-0005 東京都練馬区旭丘1-59-12-304号
■ More Tea Vicar? 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-59-13-101
■ 事業内容 スリーブ・インサート工事/アパレルショップ運営/イベント企画・運営
■ 設立 平成29年11月
■ ホームページ https://moreteavicar.thebase.in (More Tea Vicar?)
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事