B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

廃棄物回収と相談に対応
コスト削減をアドバイス

 
 
glay-s1top.jpg
タージン それは驚きですね! 廃棄物を人の手で選り分けていらっしゃるとは。
 
井上 実は手作業でなければ、細かい品種までは分別できないんです。ですから、先ほども申し上げたように1つの業者にすべての廃棄物を依頼すると、大きなコストがかかってしまうんです。
 
タージン 確かに、プラスチックだけで何種類もあるわけですからね。環境マネジメント事業についても具体的な内容を教えてください。
 
井上 例えば市場やスーパーの生鮮食品売り場などで使われる発泡スチロールが、最近では大阪市で一般ごみとして廃棄できなくなり、すべて産業廃棄物扱いになりました。リサイクル費用が上乗せされるので企業にとっては大きな負担となってしまいます。そこで、私どもは企業に対して発泡スチロールの再資源化装置の導入を提案しています。
 
タージン ほう! その装置はどのような機械なんですか?
 
井上 私の師であるアネット株式会社の中谷延幸社長がメーカーと共同開発した装置で、発泡スチロールを圧縮し、いわばプラスチックの塊にするんです。それをリサイクル資源として私どもが買い取り、バケツなどのプラスチック製品の材料にするんですよ。
 
タージン 機械を導入するための初期費用は必要でも、廃棄にコストをかけなければならなかった発泡スチロールが資源として売却できるわけですから、長い目で見たらお得ですね。
 
glay-s1top.jpg
井上 ええ。さらにこの装置は燃料を必要としないんです。電気で稼働するため、排気ガスも出なくてクリーンですし、火事の心配もありません。特許も取得していて、すでに大手物流企業などでお使いいただいています。
 
タージン 素晴らしいですね! それでは、プロである井上代表の目から見て、廃棄物処理業者を選ぶ際のアドバイスをいただけますか?
 
井上 まず、大阪であれば府からの認可を取得していること、これが大前提ですね。そして、リサイクルを手がける業者にも、それぞれ得意分野や苦手分野があるので、それを調べることが大事です。その点、私どもは異なる特色を持つたくさんの業者とつながりがあるので、相談相手としてお役に立てると思いますよ。
 
タージン 最近は企業も、どんな産業廃棄物処理業者に処理を依頼しているかも厳しく見られる時代だと思います。井上商事さんのような誠実で信頼できる存在は、活躍の場がどんどん広がっていくでしょうね。私も応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様に喜んでもらうのはもちろん、自分たちも喜べなければ良い商売とは言えません。ですから、物事に携わるすべての人に喜んでもらう仕事をするのが楽しむためには大切だと思います。
(井上龍童)
 

:: 事業所情報 ::

井上商事

〒581-0044 大阪府八尾市木ノ本3-22-8

ホームページ
https://haikibutsu-consul.com/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事