B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

強みはチームアプローチ 専門職目線の訪問看護
株式会社看護社会学研究所/訪問看護ステーションすみれ 代表取締役 松浦智恵美

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 株式会社看護社会学研究所と訪問看護ステーションすみれを運営されている松浦社長。まずはこれまでの歩みからおうかがいします。ご出身は?
 
松浦 生まれも育ちも大阪です。ただ、看護短大を卒業後、養護教諭の資格取得のため徳島大学に進学したところ、水と空気があまりにもおいしくてそのまま居ついてしまいました。
 
タージン では、大学卒業後も大阪には戻らず、徳島で就職されたんですね。
 
松浦 はい。大学病院に3年ほど勤務した後は徳島健康生活協同組合が運営する病院に勤め、昨年2018年3月まで看護部長を務めていました。
 
タージン そもそも、看護の道に進もうと思ったきっかけは何だったのでしょう。
 
松浦 ちょうど府立看護短大が設立された年だったので「受けてみようか」という軽い気持ちでした(笑)。それが今では、日本看護協会が認定している認定看護管理者の資格を取得しているほか、徳島大学大学院の修士課程を修了し、社名の由来にもなっている看護の社会学の研究者でもあるんですよ。人生わからないものですね(笑)。
 
glay-s1top.jpg
タージン 看護の社会学の研究者というと、どのような研究をなさっているんですか?
 
松浦 看護職を社会学的な立場から捉える研究です。例えば認知症の方がいるとします。多くの医療従事者はどうやって支援や介護をしようかと考えるでしょう。しかし、社会学から見ると違う考え方なんです。社会学者たちは、その人に目線を合わせ「日常生活をどのように送っているのか」「どうやり過ごしているのか」などに視点を置き、イキイキと描いているのです。私は、その視点が大切だと考えています。
 
タージン つまり「認知症だから」とひとまとめにして同じ対応をするのではなく、一人ひとりに合わせた細やかな対応を探るということですね。では、独立のきっかけもそうした研究に関連が?
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事