B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

国税局と税務署で培った経験を活かして税務支援
金山宏税理士事務所 代表 金山宏

 
プロフィール 鳥取県出身。1983年に国税専門官として大阪国税局に就職。国税局査察部で8年間勤務し、京都、大阪、兵庫の各税務署では27年、合計35年間、法人税調査担当を務めた。特別国税調査官を任された後、2018年に定年退職。税務に長年携わった経験を、経営者の支援に活かすべく、金山宏税理士事務所を開設した。建設、建築、製造、医療法人などの法人の税務を得意とする。近畿税理士会所属。
 
 
 
「この会食の領収書は経費扱い?」「仕事で使用するスーツは必要経費に計上できる?」。企業経営者や個人事業主にとって、税金の対策はいつも悩みの種である。その悩みをきれいに解消してくれるのが、金山宏税理士事務所だ。代表の金山宏氏は国税局と税務署で計43年勤務してきた、いわば税法のプロ。法人税調査の担当として、さまざまな企業の財務を見てきた経験から、経営に対しても的確なアドバイスを提案してくれる。
 
 
 

国税局・税務署、合計35年の税務キャリア

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 神戸市中央区、JR三宮駅から徒歩7分にある金山宏税理士事務所さん。2018年に開業した新しい税理士事務所だとうかがっています。なんでも金山代表は、この道の大ベテランだとか。
 
金山 国税局に8年、税務署に27年、合計35年間勤務しました。税務署員を志したきっかけは、学生時代に観た、アメリカの財務省捜査官たちの奮闘を描いた映画『アンタッチャブル』です。「正義の仕事だ!」と、憧れを感じました。
 
狩野 アンタッチャブルは、絶対捕まることなないと言われたマフィアの大ボスであるアル・カポネを逮捕する、ケビン・コスナー主演の映画ですね。僕も好きな映画です(笑)。国税局、税務署ではどのようなお仕事をされたのですか?
 
金山 国税局では査察部に所属。税務署では法人税調査を務めました。最後の姫路署では特別捜査官という現場の調査で重要な権限を持つ立場も担当しましたね。
 
狩野 経験を持つ人だけが務められるポジションですね。神戸という街に事務所を構えられたのは、どんな理由からでしょうか?
 
金山 税務署時代から配属希望を出していた街で、事務所を開くなら神戸と決めていたんです。ちなみに海に近いので休日は釣りを楽しんでいます(笑)。
 
狩野 釣り談義といきたいところですが、今日はじっくりと、税理士としてのお仕事についてうかがいましょう(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事