B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

世界に一つのネーム入り
ランドセルの加工・販売

 

世界で一つだけのネーム入りランドセル

 
glay-s1top.jpg
八木 M.A.C.さんのECサイトでランドセルを購入すれば、まさに子どもたちにとって、オンリーワンのランドセルが手に入るわけですね。ランドセルは基本的な形状は昔も今も変わらないと思います。しかし、現在は豊富なカラーバリエーションがあり、細部も趣向を凝らしたデザインになっていますよね。やはり、子どもたちの好みも年々変わっていくんでしょうか?
 
丸田 ええ。人気の売れ筋商品は毎年のように変わりますね。特に女の子向けのランドセルは、キラキラした装飾が施されたものや表面に光沢があるものなど、色やデザインの変化を、その時代の流行に合わせて読み取る必要があります。そのために、私たちは子ども向けのテレビを見たり、小学生向けの雑誌を読んだり、子ども目線でのリサーチを欠かしません。もちろん、私の独断ではなく、スタッフ全員で意見を出し合って販売する商品を決定します。スタッフのお子さんから意見を聞くこともありますし、何事も話し合いで進めるのが弊社のスタイルなんです。
 
八木 時代のニーズを先取りするためには、そういった努力が欠かせないということですね。ほかに、M.A.C.さんならではの強みなどはありますか?
 
glay-s1top.jpg
  丸田 弊社では発売から2、3年経ったランドセルを、アウトレット品としてお手頃な価格で販売しているんです。もちろん、アウトレットと言っても品質は通常のものと変わりませんからご安心ください。それに、やはり名入れサービスによって世界で一つだけのランドセルになりますから、ぜひご利用いただきたいと思います。ありがたいことに、弊社のECサイトはお客様から非常に高い評価をいただいているんですよ。
 
八木 ランドセルも6年間使い続けるわけですからね。子どもたちにとっても、愛着を持って使える品質が求められるでしょう。その中で良い評価をいただけるのは、M.A.C.さんのサービスが高い信頼を得ている証拠ですよ。ぜひ、今後の目標もお聞かせください。
 
丸田 いずれは、自社でランドセルを生産するメーカーになりたいですね。ランドセルはもはや日本の伝統工芸品だと考えています。ですから、私はこの素晴らしいアイテムを、海外にも積極的に発信していきたいですね。また、今後はさらなる事業拡大として、美容・コスメ関連商品の販売展開も予定しています。
 
八木 丸田社長は自社のサービスにかける思いも真摯で、無理をせずに自然と事業を広げる手腕も兼ね備えていらっしゃる。今後も、メーカーさんだけでなく、一般のお客さんからの信頼もさらに深まるでしょうね。新たな目標に向かって、頑張ってください。私も期待しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
子どもたちの笑顔をイメージすることですね。ランドセルに自分の名前が入ってるのを見たときお子さんの喜ぶ顔、その姿を思い描くことが、仕事の一番のモチベーションになります。
(丸田貢)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社M.A.C.
■ 本社 〒550-0027 大阪府大阪市西区九条3-28-29
■ 吉田物流倉庫 〒578-0905 大阪府東大阪市川田4-3-16
■ 事業内容 印刷企画事業/倉庫物流事業/ランドセル加工・卸・販売事業
■ 設立 平成20年11月
■ ホームページ http://www.mac.osaka.jp
  https://www.rakuten.ne.jp/gold/macrand (楽天M.A.C.商店)