B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

睡眠の質が変われば 
その時人生が変わる

 

正しい睡眠を基礎から指導

 
glay-s1top.jpg
狩野 睡眠栄養指導を仕事にしようと決めて退社されたのですか?
 
藤井 いいえ。日頃は「決めて行動すれば自分が変わる」と考えているのですが、あえて何も考えずに辞めました。それにより自分に何が起こるのか、どんな感情が湧いてどう行動していくのか、自分を取り巻く環境および自身の内面の変化を体験したかったんです。自分自身による実験ですね。人生には目標が大切で、目標を持つとそこに向かう力は強くなります。しかし一方ではそれ以外の可能性を排除してしまいます。目標がなければすべてが可能性。人生何が起きるかわからない、その可能性を見たかったんです。おかげで“睡眠”に出合えました。
 
狩野 藤井代表の哲学を感じるお話だな。会社員時代に体を壊された体験が心に強く残っているから、健康に携わる世界に入られた印象も受けます。
 
藤井 そうだと思います。仕事のために睡眠を犠牲にして病気になったのは大きい学びでした。家族を養い守るための仕事だったのに、いつしかそれに追われて家族から遠ざかるような生活でしたから。しかし、病気になり、生きる意味を再考し、健康への意識が変わりました。健康を維持するには栄養・運動・睡眠の3つのバランスを上手く保つのが重要なのに、睡眠は削るだけで正面から向き合ったことがないと気が付いたんです。人間は人生の1/3を睡眠に費やしているにも関わらず、アンバランスもいいところでした。
 
狩野 私の場合は野球パフォーマンス向上のための睡眠でした。しかし、一般生活でも生活の向上につながるんでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
藤井 睡眠不足は、仕事効率、判断能力、健康状態、人間関係を蝕み、最終的には明るい未来の悪化・損失を招きかねません。睡眠の質が上がれば、日中のパフォーマンスがアップし仕事・家事・学業の効率が向上します。すると、同じ仕事をしていても早く終わり自由な時間が生まれますよね。その時間で趣味や家族との団欒、大切な人との幸せな時間が得られ、自分らしいライフスタイルが始まりまる――これが私の考えるライフシフトです。そしてこのような社員が多く働く企業は自然と生産性がアップし業績向上につながり、ひいては日本経済の活性化のお役に立つと思っています。
 
狩野 眠気を我慢して仕事や勉強を続けても、集中力に欠ける無駄な時間となり、ミスも多くなりがちですものね。睡眠栄養指導はどのようなスタイルで教えているのですか?
 
藤井 個人および企業向けに、まずはセミナーで睡眠の基本知識を講座します。セミナーだけで睡眠の質が上がるお客様も多いんですよ。セミナーの後に、個人の体調や状況に合わせたパーソナルコンサルティングをしていきます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事