B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

アナログを究めた職人の 
カーボンファイバー製品

 
 
glay-s1top.jpg
タージン 寝ることも忘れるほど、ものづくりが好きだというお気持ちが伝わってきますよ。そこまで努力できるとは、上中社長はかなりの向上心をお持ちということだ。
 
上中 そうかもしれません。納期の問題で職場に泊り込むこともありましたが、この仕事が好きだったからこそ乗り越えることができたと思っています。
 
タージン その中で確かな実績をつくってこられたとは感服ですよ。上中社長はまさに、カーボンファイバーに青春をささげて来られた方だ! 今後の展望や、職人としてのお考えもぜひ教えてください。
 
上中 オリジナルのカーボンファイバー製品を某ネットストア、「CARBON PARADISE(カーボンパラダイス)」という店名で販売を行っており、さらに近々、対面販売のための実店舗をオープンさせようと思っています。とことん時代に逆行してみようかと(笑)。カーボンファイバー製品は、その製造工程の中で手作業の占める割合が非常に高いのが特徴です。最先端の素材でありながら、匠とも呼べる職人の手作業が求められている。西陣織がかつての先端技術であったことを思うと、いずれはカーボンファイバー製品も伝統工芸と呼ばれる域に達するかもしれないと思っています。その担い手になれれば、これほど嬉しいことはありませんね。
 
タージン 上中社長からは、職人として、またデザイナーとしての強い矜持がうかがえますね。
 
glay-s1top.jpg
上中 ありがとうございます。私が考えるデザイナーとは“かんざし”職人のような方のこと。お客様のご要望をお聞きしながら、一人ひとりに似合うよう形や色を合わせ仕上げる。職人と呼ばれる人たちは、デザイナーでもあったのです。そして自らものづくりをしていた。デザイナーとは、素材・製法を熟知し、ものづくりを完結させられる人を言うのだと思います。
 
タージン その情熱や技術を、下の世代にもぜひ伝えていってほしいですね。
 
上中 おっしゃるとおり、後進を育てることも大切な仕事です。私がこれまでに培った技術をさらに研ぎ澄ませ、自分の力で食べていける職人の育成にも力を注ぐつもりです。
 
タージン ものづくりは人づくり。上中社長にはこれからもアナログを究め、その技術や魂を次の世代に引き継いでいただきたいと思います!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
与えられた仕事に知恵や工夫を盛り込んで、少しでも良いものを効率よく達成できれば、喜びが生まれます。些細な喜びを積み重ねていけば、いつの間にか心から楽しめているものですよ。
(上中洋人)
 

:: 企業情報 ::

有限会社インデックス

〒552-0021 大阪府大阪市港区築港1-3-16

ホームページ
http://www.index-id.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事