B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高い技術に丁寧な対応で妥協なき塗装を施す
株式会社真栄建装 代表取締役 中川真児

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 兵庫県尼崎市で住宅、マンション、店舗などの外壁・内装塗装を手がける株式会社真栄建装さん。中川社長が独立を果たしたのは、いつ頃なのでしょうか。
 
中川 26歳で個人事業主として中川塗装の看板を掲げ、2000年、30歳のときに現在の屋号に変えました。今年、2018年4月には事業を法人化して、これまでより大きな工事もお引き受けできるようになりました。現在は福利厚生面で社内環境を充実させているところです。
 
矢部 社内整備に力を入れる一方、お客さんとはどんなお付き合いをしているのでしょうか。
 
中川 作業前にヒアリングを十分にしてから、作業完了後のイメージを膨らませて“10年は持つ”ことを目安に塗料を選択してお客様にご説明します。塗料の効果は種類や建物の立地により変わるので、2種類の見積もりを作成しお客様にお渡しするようにしています。
施工時は、その日の作業内容や翌日の作業工程を写真で詳しくご説明します。写真でお見せすれば、お客様も進捗を理解しやすくなると思いますので。
 
矢部 施工内容をしっかり報告してくださると外出の予定も組みやすくなるので、助かります。それにしても、塗料の色って、壁の材質や日の当たり具合によって変わるもの。適切な色を選ぶのもなかなか難しいと思います。
 
中川 ええ。そのため弊社では、「見本板」へ実際に塗料を塗り、お客様に確認していただくんですよ。また、施工後は、元請けの仕事であれば3ヶ月後にお客様をお訪ねし、工事に不備はなかったか、新たなご要望はないかなどをお聞きしています。
 
glay-s1top.jpg
矢部 御社にお任せすれば、いつまでもきれいに建物を使い続けられそうです。それに御社は、工事の際に挨拶にうかがうなど、近隣への配慮も大事にしているとか。ご近所への気配りもしてくれるなんて、ますます安心して工事をお願いできますよ。法人化も果たしたことですし、お客さんに対応できる業務の範囲もさらに広がって、あらたな人材が必要になってきそうですね。
 
中川 スタッフは常に募集中で、入社してほしいのは根性のある人材です。塗装業はつらいことがあっても辛抱強く技術を磨けば、立派な職人として食べていける業界。ぜひ、若い人たちにチャレンジしてもらいたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
塗装が好きなので、趣味感覚で仕事ができています。だから楽しいですね。
(中川真児)
 

:: 企業情報 ::

株式会社真栄建装

〒661-0983 兵庫県尼崎市口田中1-15-8

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事