B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

経営者の事業承継を支援 大阪の企業を元気にする
藤原公認会計士事務所 代表 藤原祥孝

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 大阪府大阪市の藤原公認会計士事務所さん。まずはご経歴からお聞きします。藤原代表は大阪生まれの大阪育ちで、生粋の大阪人でいらっしゃるそうですね!
 
藤原 そうなんですよ、大阪から離れたくなくて(笑)。父が税理士だった影響もあり、私は会計士の資格を取得するため、神戸大学経済学部へ進学したんです。卒業後はEY新日本有限責任監査法人で勤務していました。
 
矢部 まさにエリートコースですね! 監査法人には長くお勤めだったのですか?
 
藤原 30年近く勤務しましたね。その間には、幾多の上場企業が破綻していく光景を目の当たりにし、逆に2代目や3代目の社長が堅実な経営を行い、息を吹き返した企業の事例を何度も見てきました。私はそのような企業の後継経営者と面談し、数々の事業承継の成功例や失敗例をもとに、経営の代替わりを成功させるための勘所を体得してきました。
 
矢部 とても貴重な経験をたくさん積んで、ノウハウを学んできたわけですね。現在は公認会計士としての業務だけでなく、経営コンサルティングや税務支援、起業支援、事業承継支援など、数々の業務を手がけているとお聞きしました。
 
藤原 はい。中でも力を入れているのが、事業承継支援として行っている「新ビジネス承継塾」というセミナーです。事業を引き継いだ、または引き継ぐ予定の経営者の方や、その経営者を支える幹部たちを対象に講義をしています。
 
矢部 なるほど。具体的にはどのような内容のセミナーなんですか?
 
glay-s1top.jpg
藤原 会社組織をマネジメントするためのノウハウのレクチャーが中心です。いかに社員のやる気を引き出していくのか、社員にどのように自分の考えを伝え、どのように管理していくのかを伝授するんです。そして、事業承継者や経営幹部が「自分が人や組織をマネジメントしている」という意識を実感として持つようになってもらいます。講義の期間は半年。1回4時間の講義を月に2回開講しています。
 
矢部 私も飲食店を経営しているのでよくわかります。経営者の考えや方針を社員に正しく伝えるのは非常に難しいことですよね。でも、それを相談する相手も身近にいない。そんなときに、藤原代表のような方は経営者にとって頼りになる存在ですよね。
 
藤原 経営者は孤独な存在ですから、悩みを抱えている方々の水先案内人になれると嬉しいですね。特に「先代から事業を引き継いだけれども、会社組織をどうマネジメントしていいのかわからない」と悩む後継経営者は多いですから。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事