B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

誠実で迅速な任意売却で
再起を支える不動産会社

 

日本全国の弁護士が頼りにする幅広い対応力

 
glay-s1top.jpg
畑山 SRホームさんの強みを、河村社長ご自身はどのようにお考えですか?
 
河村 一番はフットワークの軽さ、その次にネットワークの広さですね。
 
畑山 2つのワークですか。それぞれ具体的に、どのような特長があるのでしょう?
 
河村 まず、日本全国のご依頼に対応しています。全国展開しているような大手企業さんでも活動範囲がエリアごとに区切られていることが多いんです。しかし弊社は、どこからのご相談にも駆けつけます。実際に現在も、北海道や四国の案件も扱っているんですよ。
 
畑山 それは驚きだ! それだけ広範囲から依頼が寄せられるというのは、2つ目の強み、ネットワークの広さがあるからでしょうか。
 
河村 ええ、前職時代から築いてきた弁護士の方とのつながりが大いに役立っていますね。ただし、私が言ったネットワークには、税理士をはじめとした弁護士以外の士業の方や金融機関の関係者なども含まれています。単なる不動産売買でない任意売却という仕事柄、1つの案件に様々な専門知識が必要になります。ですので、士業や金融業界との連携も不可欠なんですよ。
 
畑山 普段知らない世界の話なので、聞いて「なるほど」と思うことが多く、とても勉強になります。弁護士の方にも、河村社長を頼りにされる人が多いんじゃないですか?
 
glay-s1top.jpg
河村 実は、私が独立を決意したのも、とある弁護士の方に「任意売却の相談があれば、河村さんにお任せします」と言ってもらえたことがきっかけだったんです。
 
畑山 それは冥利に尽きる言葉ですね。でも、なぜそこまで広く深い対応力を身につけられたのかが気になります。
 
河村 やはり賃貸、建売販売と、様々な不動産業に携わってきた経験があるからだと思います。任意売却の対象には住宅やビルだけでなく、田畑や墓地などイレギュラーな不動産も含まれます。それらを扱うには知識に加え、経験も必要なんです。
 
畑山 不動産に関わるあらゆる経験を積んできたこと。これも河村社長の、ひいてはSRホームさんの大きな強みですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事