B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

大型施設の壁や天井を
裏で支える職人仕事

 

優れた職人との連携力が平沢建装の強み

 
glay-s1top.jpg glay-s1top.jpg
建物の“骨”を丁寧に組み立て!
八木 我々一般人は、何かつくろうと思っても、実際何から始めていいかわかりません。自分の手でものをつくっていく職人さんは、本当にすごいと思います。
 
平沢 八木さんにそう言っていただけると嬉しいですね。でも、私だって1人では何もできません。会社で働いてくれる職人や、協力会社の方々がいるから、大きな工事も遂行できるんです。さらに言えば、日々頑張れるのも家族がいるから。仕事を任せてくださる取引先の方々へも、深く感謝しています。
 
八木 周囲への感謝を忘れない平沢社長の姿勢は、平沢建装さんそのものの、仕事へのスタイルにも通じている気がします。
 
平沢 そうですね、現場では協調性や和、チームワークを重要にしています。実は、職人が多く集まる現場では、個性がぶつかりあうことも珍しくないのですが、弊社の場合は勤務する職人、協力先の職人さん、いずれも熟練の人ばかりなので、阿吽の呼吸ができあがっているんですよ。「あの人がこの作業を始めたから、自分はこっちを進めておこう」と、言葉を交わさなくても通じるんです。
 
八木 それは作業もはかどりそうだ! 施主としても工期が短くなるのはありがたいですよ。個性の集団といえば、プロ野球も同じです。どうしたらそれほどのチームワークが築けるか、ぜひ知りたいですね。
 
glay-s1top.jpg
平沢 特に意識はしていませんが・・・やはり職人としての意識でしょうか。「変な仕事は自分自身が許せない」という思いをみんなが持っているからだと思います。人の目につかない場所の工事だからこそ、よりいっそう誇れる仕事をしたいと感じるんです。だから弊社の職人は全員、たったワンセクションでも、自分が携わった工事をしっかりと手がけています。
 
八木 いやぁ、粋だなぁ! 職人さんのそういったこだわりや美意識が、世界に誇れる日本のものづくりを築いてきたのでしょうね。そんな古き良き職人の心を持つ、平沢建装さんを頼りにされる建築会社も多いのではないですか?
 
平沢 ありがたいことに京阪神エリア全域からお声がけいただいています。中には他社さんがさじを投げるような難しい現場もありますが、やりがいを感じながら取り組ませていただいていますよ。
 
八木 困難な現場への対応力と、京阪神全域をカバーするフットワークの軽さ。これも優秀な職人さんとのネットワークがあるからできることです。人に恵まれていることも、平沢建装さんの強みの1つですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事