B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

行政コンサルティングと
人をつなげる場所づくり

 

茨城、京都、そして福岡で

 
glay-s1top.jpg
川村 人がつながる場所として開いたカフェで、さっそく良いつながりが生まれたわけですね。
 
堀下 そうですね。最初に手がけたのは、茨城県下妻市にある商店街の活性化事業でした。そこでは県のコンペで優秀賞をいただき、運営費を確保できたため、商店街に人を呼び込むための企画を考案して実行しました。今思えば未熟な部分もありましたが、自分の計画がカタチになっていく様を感じながら仕事ができたのが嬉しかったですね。その仕事を機に、市や県などの自治体とつながりができました。すると、任される案件も次第に大きくなってきたので、仕事に集中するために大学を休学することにしたんです。同じ頃に関西でも仕事の依頼をいただいたので、京都に1年半ほど移住していました。
 
川村 茨城、そして京都と、さまざまな地域で経験を積まれてきたんですね。
 
堀下 はい。そんな中で、仕事をしていくうちに知り合った現在の仲間と共に2014年に会社を起業しました。その後は、大学を卒業して区切りをつけるため、つくば市へ帰って復学したんです。そして、昨年2017年に卒業し、現在に至ります。
 
川村 そういえば、堀下社長を含め、しびっくぱわーさんに所属する社員の方も別々の場所にいらっしゃるとお聞きしました。
 
glay-s1top.jpg
 
glay-s1top.jpg
個人や仲間との利用だけでなく、イベントにも活用できる
堀下 そうなんですよ。弊社には社員兼取締役が3人います。最初はみんなフリーで行政コンサルタントをしていました。代表の私が熊本の出身で、大学を卒業した現在もつくば市に在住しています。また、副社長が茨城の出身で、私の案件を引き継ぐために京都に移りました。もう1人は京都の出身で、現在は福岡で大学の先生をしながら取締役を兼ねています。そんな出身地もバラバラな3人が、それぞれの場所で仕事をしているんです(笑)。でも、狙ってそうしたわけではなく、自然と現在の場所に落ち着いたんですよ。
 
川村 それぞれが別々に生活しながらも、会社として同じ目的を共有していらっしゃるんですね。
 
堀下 ええ。会社としての事業は、行政コンサルティングとコワーキングスペースの運営を柱としています。そのうえで、私はつくば市を拠点にNPOの活動もしていますし、ほかの2人もそれぞれの場所で独自にチームを持って業務をしています。お互いに好きなことをしている状態を楽しみながら仕事をしていますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事