B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 青森県北津軽郡出身。幼い頃から母の畑やおじのりんご園を手伝う。高校を卒業後、美容師を目指して宮城県仙台市へ移るも、専門学校在学中にアルバイトを通じて飲食店で働くやりがいを知り、視野を広げるために上京した。様々な飲食店で約7年働き、そのうちの3年ほどはバーで店長を務めたことも。共に働いていた同僚が夢に向かって邁進する姿にも触発され、2013年に 「青森郷土料理らせら」 をオープン。【ホームページ
 
 
 
「ふるさとの訛なつかし・・・」 という石川啄木の歌はあまりに有名だが、青森県出身の人にとっての停車場となるのが 「らせら」だ。青森の郷土料理や地酒が揃ったこの店に、多くの人が故郷の薫りを求めやってくる。棟方ひとえ店長は、つがる市に住む家族と連携し、青森の新鮮な海産物や野菜を使った料理を提供。青森以外の出身者も多く集うのは、店に流れるゆったりとした時間が、都会人の疲れた羽を休めるのにちょうどいいからだろう。
 
 
 

青森の郷土料理や地酒が渋谷で楽しめる

 
130821_k1293_g01.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 落ち着いた雰囲気のお店ですね。屋号とマッチしたねぶた祭りの暖簾がとてもいなせです。
 
棟方 暖簾は青森県人会の方にいただいたものです。開店当初は県人会関係のお客様や友人が多かったのですが、今では会以外の青森県出身者や、東京の方もたくさんいらしてくださっています。
 
杉田 青森へはロケで何度か行きましたよ。棟方店長は、どちらのご出身?
 
棟方 北津軽郡です。八戸市などの南部と違い、東京では考えられないほどの田舎でしてね(笑)。私の母は片手間で農業を営んでいて、朝4時に起きて兄弟とトラックの荷台に乗り、野菜の収穫を手伝う生活が当たり前でした。
 
杉田 うらやましい。私は逆に東京育ちなので、そうした暮らしにとても憧れるんです。だから今も自然農法に凝っちゃって(笑)。
 
棟方 でしたら、当店の料理はお口に合うかもしれません。「仕入部長」 が津軽で購入した海産物や、自ら育てて収穫した野菜ですから。日本酒や焼酎もほぼ青森産ですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事