B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

全国どこでも対応可能 効率的な作業の重量工
株式会社西本工業 代表取締役 西本貴弘

 
プロフィール 大阪府出身。左官の仕事や運送業を経て重量工の世界へ。約15年の経験を積み、2018年に(株)西本工業を設立した。事業では、重量物運搬、据え付け、解体、クレーン作業などを手がけている。関西圏を中心に全国規模で案件を請け負い、顧客からも厚い信頼を集める。培ってきたノウハウを活かし、日々高品質かつ効率的なパフォーマンスを実践中。
 
 
 
「重量工では、各現場によって求められる仕事内容が異なり、ケースバイケースで対応できる柔軟性が必要だ」と語ってくれたのは、株式会社西本工業の取締役、西本貴弘氏だ。同氏は左官職人や運送業などさまざまな職種で経験を積んだのち、重量工の仕事と出合う。何トンもの機器を扱う作業は、事故防止のための繊細さと技術力が肝要となる。そんな責任重大な仕事に対する熱い思いをうかがった。
 
 
 

2018年に会社を設立、全国の仕事を受注

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 西本工業さんは大阪市を拠点に、大型クレーンなどを使った重量物運搬や据付工事、解体などを手がけているそうですね。2021年現在、会社を設立してどのくらいになるのでしょう?
 
西本 弊社は2017年に創業し、2018年に法人化しました。そのため、設立してからは3年目になりますね。他社様から仕事をお受けするために、必要に応じて法人化した流れです。それまでに私は左官の仕事や運送業を経て、重量工の仕事に約15年間従事してきました。
 
狩野 業界歴15年ですか! 長年勤めてきた豊富なご経験を活かすべく、独立を決められたわけですね。個人事業主さんから法人化した会社さんは、仕事の幅をどんどん広げておられる印象がありますから、御社からも右肩上がりで上っていくようなエネルギーを感じますよ。スタッフさんは何名の方が在籍しているのでしょう。
 
西本 正社員が2名と外注が1名なので、私を入れて4名で仕事を回しています。ご依頼の規模によっては協力会社にもサポートしてもらうスタイルです。
 
狩野 少数精鋭を基本とし、大きな仕事にも受注可能な柔軟性を持ち合わせていると。対応エリアを教えてください。
 
西本 大阪府および関西圏が中心でして、ご用命があれば全国どこへでも出向きますよ。これまでの実績ですと、鹿児島県まで出向いたのが一番遠方になると思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事