B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

建築業から多角経営に! セカンドキャリアを体現
リガーレコー株式会社 代表取締役 山室公志郎

 
プロフィール 神奈川県出身。桐光学園高校へ入学し、1年目からエース投手として活躍した。青山学院大学を経て、2009年、育成ドラフト1位指名を受けて千葉ロッテマリーンズに入団。2010年、支配下登録選手として契約し、2013年に引退する。その後、建築業界で経験を積み、リガーレコー(株)を設立した。現在は建築業やハウスクリーニング、軽貨物配送業、医療機器の卸も手がけ、多角的な事業を展開している。【ホームページ
 
 
 
「プロ野球選手で1億円プレーヤーにはなれなかったが、セカンドキャリアでその目標を達成したい」。リガーレコー株式会社代表取締役の山室公志郎氏は、千葉ロッテマリーンズから退団後、セカンドキャリアを輝かせるために奮闘中だ。最初の仕事で辛酸をなめるも、逆境を乗り越え建築業界に足を踏み入れた。元プロ野球選手である小林雅英氏も、スポーツ選手の現役後の生活の難しさを知る当事者として、山室社長の活躍に期待を寄せている。
 
 
 

プロ野球選手を経てセカンドキャリアを模索

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 小林雅英(野球解説者)
小林 神奈川県横浜市を拠点に、ハウスクリーニングなどの事業を運営しているリガーレコーさん。山室社長は、私も所属していた千葉ロッテマリーンズでピッチャーでしたよね。今日はお会いするのをとても楽しみにしてきました!
 
山室 私も大先輩にお会いできて光栄です! ロッテには、青山学院大学を卒業後、2009年に育成ドラフト1位指名を受けて入団しました。その後、2010年に支配下登録選手として契約し、2013年に引退して結婚したという経緯です。
 
小林 その年代というと、練習メニューも一番厳しかった時期でしょう? それを乗り越えたのはすごいなぁ(笑)。引退してから、最初の仕事は何をなさったんですか?
 
山室 飲食店で店長を始めたものの、給料未払いが続き、辞めざるを得ませんでした。その後は鳶職や建築業界の仕事を経て、営業代行の会社に入社し、全国を飛び回っていましたね。
 
小林 人生の大半を野球だけに費やしてきたのがプロ野球選手だからこそ、引退後に社会に投げ出されると、右も左もわからないんですよね。最初の仕事で苦しい思いをなさったものの、その逆境を乗り越えた山室社長は本当に立派です。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事